柏市 屋根カバー工法とダイヤモンドコート 1年目点検

千葉県 柏市 M様邸 ダイヤモンドコート1年目点検

t201611kashima01
千葉県柏市M様邸にダイヤモンドコート1年目点検にお伺いしました。

M様邸の外壁は難付着ボードで施工されていたため、通常の下塗りでは直ぐに上塗りが剥がれてしまうため、専用の下塗り材を塗布する必要がありました。

屋根はノンアスベストの屋根材が採用されており、今回補修と塗装をしても既に吸水し脆くなってしまっている部分の状態を回復させることは困難でしたので、カバー工法をお勧めし施工いたしました。

施工当時は釘周りにクラックが発生していたため、クラックを補修してダイヤモンドコートで塗布しております。

今回の1年点検では、ダイヤモンドコートの特徴でもある、輝きもしっかりと保持しております。
塗膜の状態は非常に良く、藻やコケなどといった汚れの付着もありませんでした。撥水性もしっかりと機能しており、とても良い状態だといえます。

t201611kashima02
施工前

t201611kashima03
施工後1年目

M様邸の屋根材はノンアスベストスレート材で、非常にもろく、割れやすい素材だったため、屋根材の割れ・欠損・抜け落ちがありました。

何度もリフォーム工事をしたくないとのこともあり、屋根塗装ではなく屋根リフォーム(カバー工法)で石付きガルバリウム鋼板のD'Sルーフィング「ディプロマットスター」を採用して頂きました。

t201611kashima04
施工前

t201611kashima05
施工後1年目

木目調の窯業系の破風板は、コーキング処理をしっかり行ってから塗装をしました。施工から4年経過後も破損や亀裂は見られず、美観を保っていました。

t201611kashima06
施工前

t201611kashima07
施工後1年目

シャッターは施工から1年が経過しましたが、綺麗な状態をでした。サビの発生もなく、しっかりと塗膜も密着しておりました。

下から見上げた軒天はしっかり塗膜が密着しており、塗料の機能をしっかりと発揮しておりました。
そこから伸びる竪樋やエアコンホースも、1年が経過しましたが色褪せや塗膜の剥がれなどはなく、施工当時の艶もそのまま保持しておりました。

t201611kashima09
軒天・軒樋

t201611kashima08
シャッター
エアコンホース

シャインスタッフより

全体的に不具合はどこも見つからず、とてもいい状態を保持しておりました。施工前割れや欠けが発生していた屋根は、ディプロマットスターでカバー工法してから不具合もなくとても良い状態を維持していました。

今後何かお気づきの点や、気になる箇所、お困りの事などございましたら、点検の日を待たずにいつでもお気軽にご連絡くださいね。
弊社で施工を行ったお客様に快適な暮らしをしていただけるよう、できる限りの対応をさせていただきたいと思っております。

千葉県柏市のM様、次回の定期点検でお会い出来る事を楽しみにしております!


【施工時に使用した塗料】

【施工時に使用した屋根材】

外壁塗装をご検討中の方へ

tenken01
tenken02
tenken03