千葉県流山市 T様邸 施工後2年目自社定期点検

before1
2013年施工当時 T様邸
2013年 施工後の全景です。
horizontal1
after1
2015年自社2年目点検 T様邸

before1
2013年施工当時 T様邸
2013年 施工後のシャッターです。
horizontal1
after1
2015年自社2年目点検 T様邸
2015年 施工後自社2年目点検での写真です。

細部まで点検を行いましたが、コケや藻などの発生はありませんでした。
また、塗膜の剥がれやサビの発生などもなく、美観性、機能性共に良好な状態を保持しておりました。




before1
2013年施工当時 T様邸
2013年 施工後のベランダです。


トタン材が使用されている笠木でしたので、塗装を行いました。
下塗りに「二液型エポキシ系錆止め」を行い、上塗りを2回行いました。
horizontal1
after1
2015年自社2年目点検 T様邸
施工後自社2年目点検でのベランダ笠木の写真です。

多少の汚れはあるものの、手で少し触れるとすぐに取れてしまう汚れでした。
こびりついてしまうような頑固な汚れなどは見つかりませんでした。
また、新たなサビの発生もなく、いい状態を保持していると言えます。
ジョイント部のシーリングに破断は亀裂などもありませんでした。



before1
2013年施工当時 T様邸
2013年 施工後の玄関ポーチです。


下塗り:浸透性強化シーラー
上塗り(2回):SK化研アートフレッシュ
horizontal1
after1
2015年自社2年目点検 T様邸
2013年の施工前、クラック(ひび割れ)が発生しており、補修を行いました。
通常、コンクリート部には塗装をしなくても大丈夫なのですが、美観性と素地強化を考え塗装を行っております。

完工後すぐの状態で、補修箇所が分からないのは当然の事ですが、施工から2年が経過しても、全く分からないほどいい状態を保持しておりました。
塗膜の剥がれや補修跡からのクラックの再発、新たなクラックの発生など、不具合は見つかりませんでした。



before1
2013年施工当時 T様邸
2013年 施工後の幕板です。

施工当時、手で触れただけでポロポロと剥がれてしまうほど塗膜が弱っていたため、既存の塗膜除去を行ってからシーラーを塗布しました。
既存のリシン仕上げの模様復元のために砂(骨材)入りの塗料で補修を行っております。

上塗り2回:ファインシリコンフレッシュ




horizontal1
after1
2015年自社2年目点検 T様邸
2015年施工後自社2年目点検での幕板の写真です。

補修を行った箇所をしっかりと点検をしていきました。
復元した模様も施工当時のまま保持し、また、塗膜の剥がれもありませんでした。

全体的に点検を行いましたが、塗膜が剥がれている箇所や、クラック(ひび割れ)が発生している箇所もなく、とても良い状態を保持しておりました。
つなぎ目のシーリングの破断や亀裂もなく、防水機能はしっかりと機能しておりました。



before1
2013年施工当時 T様邸
2013年 施工後の軒天です。

下塗り材は外壁と同様に、水性塗料で環境に優しく、ひび割れ追従能力にすぐれているパーフェクトフィラーを採用しました。

上塗りにはファインシリコンフレッシュを計2回塗布しております。
horizontal1
after1
2015年自社2年目点検 T様邸
2015年 施工後自社2年目点検での軒天の写真です。

軒天は雨だれなどが伝い、汚れの非常に目立つ場所です。

2015年自社2年目点検 T様邸
2015年 施工2年目自社点検での屋根の写真です。

下塗り:サーモアイシーラー
上塗り(2回):サーモアイSi
色:クールコーヒーブラウン

施工前は全体的にコケが繁殖しており、高圧洗浄にて徹底的に除去した上で塗装を行いました。

2年が経過しましたが、コケや藻も繁殖もなく、挿入したタスペーサーもしっかりと機能しておりました。
塗膜の剥がれや瓦の割れなどもなく、非常に良好な状態を保持しておりました。




2015年自社2年目点検 T様邸
2015年 施工後自社2年目点検での棟板金つなぎ目のシーリングの写真です。

こちらのつなぎ目に施工を行ったシーリングも、不具合は見つからず、しっかりと機能しておりました。
2015年自社2年目点検 T様邸
2015年 施工後自社2年目点検での棟包み換気棟の写真です。

換気棟(屋根内部に発生した結露や熱気を逃がす箇所)端のシーリング部の点検の様子です。

シーリングに破断・膨らみ・剥がれなどはなく、しっかりと機能しておりました。

2015年自社2年目点検 T様邸
2015年 施工後自社2年目点検での写真です。

棟板金を止める釘頭のコーキングを一つ一つ点検を行いましたが、全てしっかりと板金部に密着しておりました。

非常に小さく見落としがちですが、とても重要な箇所ですので、しっかりとひとつずつ点検を行っていきます。
2015年自社2年目点検 T様邸
2015年 施工後2年目自社点検での写真です。

2013年の施工前の雨樋に、色褪せと、雨水のにじみ跡がありましたので、ジョイント部の漏れ止めを行ってから塗装を行いました。

今回2年目の点検でもしっかりとジョイント部を確認しましたが、雨水の漏れなどはありませんでした。
色あせもなく、非常に良好な状態を保持しておりました。





2015年自社2年目点検 T様邸
2015年 施工後2年目自社点検での写真です。


下塗り:パーフェクトフィラー
上塗り(2回):ファインシリコンフレッシュ
色=SR-109


2013年の施工前は、建物の影になっている外壁にコケなどが繁殖しておりましたので徹底的に除去を行っております。
また、劣化塗膜が剥離し、素材が出ていましたので、ポイント的に浸透性強化シーラーを使用しております。

2年後の点検の結果、コケや藻の発生はなく、塗膜の剥がれなどもありませんでした。
非常にいい状態を保持しておりました。




2015年自社2年目点検 T様邸
千葉県流山市 T様邸の施工後2年目自社点検にお伺いいたしました。

点検の当日はお客様とお会い為る事は出来ませんでしたが、
事前にお電話でお話しさせていただいた時、
「今までで気になる所はどこも無いよ」
「でも無料なら見て欲しい」との事でした。

お客様のおっしゃる通り、本当にどこにも不具合は見つからず、
全体的に非常に良い状態を保持しておりました。

ですが、年数が経過するにつれ、何かしら不安な箇所などが出てくるかと思います。
そんな時は細かな事でも構いませんので是非ご連絡くださいませ。


T様次回は2017年の、施工後4年目点検でお会いできる日を楽しみにしております。