日本ペイント 防錆型ファインSiの特徴

防錆形ターベン可溶2液形シリコン系塗料
防錆形ファインSi


特徴
1.防錆性=1液変性エポキシ樹脂系さび止め塗料を塗装する3工程での仕様と同等性能です。

2.工程短縮=上塗り2工程による鉄部改修が可能です。

3.使いやすさ=ファインSi塗料液と硬化剤の組み合わせにより、塗料液は1本で外壁の弾性仕様から鉄部の省工程仕様まで幅広く対  応できます。

4.高耐久性=耐候形1種の性能を発揮します。

5.低汚染性=低汚染機能を発揮します。

シャインでは標準のプランの全ての付帯部にファインSiを使用しています。
硬化剤を変えるだけで防錆型、高弾性型、標準型と性能を変化させる事が出来ます。
更に二液シリコン系の塗料ですので、一液型のウレタンやシリコン塗料に比べて耐久性がワンランク上になります。
更に付帯部にも高耐久な仕様をお求めの場合には、ファインシリコンフレッシュ、ファイン4Fセラミック、無機ハイブリッド塗料(Maximum)などをご提案する事も可能です。