【外壁リフォーム】かかる費用と塗料の選び方をご紹介

 

定期点検4年目市川市O様

 

ひび割れが目立ってきているし、損傷も所々ある…そろそろ外壁リフォームの時期かな、と思いつつも数年が過ぎていませんか?

家を守るために重要な『外壁』。そんな外壁をリフォームせずに暮らし続けると、最悪の場合家が壊れてしまいます。とはいえ、いまいち外壁塗装の必要性がわからない、費用の検討がつかないから尻込みしてしまう、という方も多いかもしれません。

今回は、外壁リフォームの必要性と塗料別にかかる費用、塗料を選ぶ際のポイントを見てみましょう。このコラムが、外壁リフォームに踏み出すきっかけになれば幸いです。

 

 

コラムのポイント
・塗装には寿命があります。また、家の健康を回復するためにも、外観を美しく保ち続けるためにも、外壁リフォームは必要です。
・外壁塗装に使う塗料の値段は、性質によって特性や仕上がりが変わります。機能や耐久年数、予算に合わせて選ぶようにしましょう。
・このコラムを読んでいただくことで、塗料別外壁リフォームにかかる費用を知ることができます。またそれに応じて外壁リフォームの計画を立てていくことができます。

 

 

 

 

 

 

外壁リフォームの必要性

 

松戸I様邸

家は一度建てたら終わり、というわけではなく、定期的なメンテナンスが必要です。内装の張り替えや部分的な補修、給排水管などの設備など様々なものがありますが、外壁リフォームもそのうちの一つです。

外壁リフォームの目安は築10年、と言われています。しかし、目に見えて劣化しているわけではなく損傷もしていないため、外壁リフォームの必要性はないのでは、という意見も散見します。

 

しかし、外壁リフォームをやらないという選択は、とても危険です。

 

 

外壁リフォームの必要性① 塗料には寿命がある


 

外壁リフォームをする際、いくつかの塗料を使います。この塗料は、半永久的に効果が持続するというわけではなく、耐用年数があります。

家の外壁は、常に雨風にさらされて直射日光を浴び続けます。家を守る塗料ですが、常にそうやって外部の刺激を受け続けることで、日に日に防水性や遮熱性は下がっていき、家を守ることができなくなってしまうのです。結果、さらされた外壁材が直接、雨水や直射日光の影響を受けてしまいます。そうなると、塗装以外の修復費用がかかり場合によっては、雨漏りなどの工事費用も発生してしまいます。

 

塗料には寿命があります。塗料の寿命に合わせて外壁リフォームをすることで、本来の塗料による保護効果を取り戻し、別途工事などの大きな出費を抑えることができます。

 

 

外壁リフォームの必要性② 家の健康回復を図ることができる


 

塗料の耐用年数を過ぎると、防水性の低下や強度の劣化が起こり始めます。それは外壁のヒビや剥がれにつながります。

きちんとした外壁リフォームを行うことで、防水性の向上やさらなる補強をすることができます。また、下地処理という工程も同時に行うことにより、強度がアップします。

 

体調のすぐれなかった人が、食生活を改善することで一気に健康状態が回復するように、外壁リフォームをすることで大切な我が家の健康状態は一気に回復します。

 

 

外壁リフォームの必要性③ 大切な我が家を美しく保つ


 

外壁リフォームをすることによって、家の印象はガラッと変わります。今までもこれからも住み続ける、大切な我が家。見違えるような外観に生まれ変わると、これからもまた大切にしよう、と思うことでしょう。

しっかりと手をかけていくことで、安心安全に暮らし続けることができるのです。

 

 

 

このように、外壁リフォームをすることで、大切な家を守り続けることができるのです。特に塗料の劣化については、プロの目でしか判断できない部分が多々あります。

劣化していないから、お金がかかるから、という判断をする前に、一度プロの目でチェックしてもらいましょう。

 

 

 

 

【塗料別】外壁塗装にかかる費用

 

東京都葛飾区H様 サイディング目地コーキング

外壁リフォームにかかる費用、といっても業者によって様々です。それだけでなく、同じ塗料で外壁リフォームを行っていたとしても、取り扱う職人の知識や技術によって仕上がりは大きく変わってきます。

『職人が正しい知識を持ち、正確な工事を行う業者』を大前提として施工業者を選ぶようにしましょう。

 

では、外壁塗装にかかる費用を見てみましょう。

 

 

タイプ別(塗装面積150㎡の場合)


・モルタル外壁(578,000円)

日本ペイントの水性シリコン塗料を使用した場合の料金。

 

・サイディング外壁(732,500円)

日本ペイントの水性シリコン塗料を使用した場合の料金。

 

・ALC外壁(789,000円)

ALCパネルを日本ペイントの水性シリコンで塗装した場合の料金。

ALCパネルとは、軽量発泡コンクリート(autoclaved lightweight aerated concrete)の略で、近年主流の窯業系サイディングよりも厚みが有り、地震や割れに強く、断熱性も高い。

 

 

塗料別


ダイヤモンドコート(875,000円)

日本ペイントの認定施工店のみが施工可能な、長期美観・高耐久なダイヤモンドコートの施工参考価格。

仕上げの超低汚染クリアーコーティングで10年以上色褪せない外壁が実現。

 

ガイナ(高性能遮熱・断熱塗料)(787,000円)

高性能断熱塗料ガイナの施工参考価格。

宇宙ロケットの断熱技術を住宅に応用し、防音性や防露性、高耐久、防カビ性など様々な性能の利点がある。

 

 

 

これらの価格は、使用塗料や家の劣化状態により変動します。また、形状や現場の状況によっては施工内容が変更になり、多少価格が前後する場合もあるようです。

予算に合わせて、塗料を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

外壁リフォームの費用を左右する塗料の選び方

定期点検3年目守谷市S様

外壁リフォームにおいて、塗料は重要な役割を果たします。もちろん、高い塗料は品質性能ともに優れています。しかし、それだけで選ぶのではなく、幾つかの視点を持って選ぶことが重要です。

 

 

選び方⒈ 塗料の機能を重視する


 

塗料には、それぞれに突出した機能があります。

 

遮熱性

近赤外線(温度上昇の原因)を反射することで、室内の温度上昇を抑える塗料の性能のこと。室内の温度上昇、熱による建物の劣化も抑える働きがある。

 

防水性

家の内部へ雨水が浸入することを防ぐ塗料の性能のこと。雨水の浸透を防ぎ、塗膜がひび割れから家の内部へ水が浸入することを防ぐ働きがある。

 

防汚性

汚れの付着を防ぐ塗料の性能のこと。汚れを防ぐだけでなく、雨水で汚れを洗い流すセルフクリーニング性能を持つ塗料もある。

 

防カビ性

カビや細菌、藻類の発生を抑える塗料の性能のこと。カビや細菌、藻の増殖によって家が劣化することを防ぐ働きがある。

 

どの性能を重視しているのか、どの性能を効果的に発揮してほしいかを明確にした上で、塗料を選ぶようにしましょう。

 

 

 

選び方⒉ 家の環境を考慮する


 

海沿いにある家であれば防水性の高い塗料を選ぶ、近くに工場が立ち並んでいるので防汚性の高い塗料を選ぶ、雨の多い地域なので防水性の高い塗料を選ぶ、といったように、住む土地の気候や環境によって選ぶ塗料は変わってきます。

土地や環境にあった塗料を選びましょう。

 

 

選び方⒊ 塗料の耐久年数と予算との相談


 

外壁塗装の塗料には、それぞれグレードがあります。もちろん、グレードが高いほど塗料の機能は高く耐久年数も長くなります。しかし、その分費用も高くなってしまいます。

 

長い目で見たときに、どのくらいの耐久年数であれば納得できるのか、予算に合わせた塗料はどんなものなのか、は人それぞれです。家庭の状況に合わせて、塗料を選びましょう。

 

 

 

 

 

 

外壁リフォームの費用や塗料はプロに相談を

 

牛久市T様邸 屋根補修

外壁リフォームをきちんと行うことで、大切な家に安心して住み続けることができます。

外壁リフォームの際、使う塗料や劣化の状態、家の形状によって費用は変わってきますので、まずは無料外壁診断を受けることをお勧めします。

 

メールやお電話にて、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

2019年事業計画説明会