千葉県浦安市 M様邸 アートフレッシュ 外壁塗装

築年数
13年
坪数
36坪
外壁
アートフレッシュ 10年
屋根
サーモアイSi 10年
付帯
ファインシリコンフレッシュ 7年
シーリング保証
7年

外観

before1
M様邸 外観 施工前
horizontal1
after1
M様邸 外観 施工後

外壁(多彩色部分)

before1
外壁(多彩色部分)施工前
horizontal1
after1
外壁(多彩色部分)施工後

外壁

before1
外壁施工前

horizontal1
after1
外壁施工後

外壁(柱のライン)

before1
外壁(柱のライン)施工前
horizontal1
after1
外壁(柱のライン)施工後

外壁塗装 施工工程

高圧洗浄
長持ちの秘訣 徹底した洗浄

こびりついた埃やコケを水圧で除去します。
洗浄で落ちないカビなどは、除藻剤で除去しました。
クラック補修
クラック補修2

クラック(ヒビ)が入っている所にはコーキングを打ちます。

この処理で軽微な水の浸入を防ぎます。
クラック補修(打ち込み)
クラック補修(打ち込み)2

コーキング剤を打ち込みならします。

【ノンブリード型(非汚染型)使用】
ノンブリードと言われる非汚染タイプを使用 しないと、数年後に補修部分だけ黒ずんで しまいます。
モルタル壁のご近所を見て頂くと、すぐ発見出来るほど業者の知識の甘さが目立つ部分です。
下塗り(水性ミラクシーラーエコ)
側面の下塗りは水性ミラクシーラーエコで行いました。
総揮発性有機化合物を1%未満に抑えた環境に優しい塗料である上に、匂いも少なく扱いやすい塗料です。
上塗り1回目(アートフレッシュ)
エスケー化研のアートフレッシュをムラなく塗布していきます。
上塗り2回目(アートフレッシュ)
上塗り2回目(アートフレッシュ)
長持ちの秘訣 塗布量厳守

塗1回目と同様に塗布量を守りムラの無い様に 塗り込みます。
ラインの塗装(マスキング)
ラインの塗装(マスキング)2
長持ちの秘訣 職人の技術力

白いラインをコーナーに入れるため、マスキングテープを張っていきます。
技術力が問われる箇所です。
ライン上塗り1回目(アートフレッシュ)
ライン上塗り1回目(アートフレッシュ)2
外壁と同様にエスケー化研のアートフレッシュを塗布していきます。
ライン上塗り2回目(アートフレッシュ)
ライン上塗り2回目(アートフレッシュ)2
はみ出したりムラになったりしないように 注意しながら塗装し、完成です。
雨筋ストッパー取り付け
雨筋による汚れが目立っていましたので、雨筋を防止してくれる専用の部品を取り付けました。

サイディング部分の塗装

上塗り1回目(UVプロテクトクリヤー)
上塗り1回目(UVプロテクトクリヤー)2
UVプロテクトクリヤーは透明な塗料ですので塗りムラや塗り損じに注意し塗りこみます。
(M様邸は一部多彩色となっておりますので、モルタル壁とは塗装方法が違います。)
上塗り2回目(UVプロテクトクリヤー)
上塗り2回目(UVプロテクトクリヤー)2
長持ちの秘訣 塗布量厳守

1回目と同様に塗布します。
目地のコーキング
目地のコーキング2

長持ちの秘訣 目地のコーキング作成

縦目地が無い状態だったのでサイディングの 突き合せ箇所を工具を使い目地を形成して 新たにコーキングを打ちます。
目地のコーキング(プライマー塗布)
目地のコーキング(プライマー塗布)2
打ち込む前にコーキング剤を打ち込む前に 専用の下塗りが必要です。
サイディングパネルとコーキング剤の接着剤の 役目をしますので、疎かにはできません。 しっかりと既定の塗布量を塗り込みます。
目地のコーキング(打ち込み)
目地のコーキング(打ち込み)2

空気が入るとそこから剥がれたり膨れたり するので、打ち込む際は空気が入らないように奥しっかり打ち込み、キレイに均します。

使用するコーキング剤もサイディング専用の低モジュラス性の物を使用する事が大切です。

完全に乾く前にマスキングテープを除去し、完成です。
目地のコーキングの打ち替え(ならし)
目地のコーキングの打ち替え(ならし)2
押し込むようにならし、完成です。

お客様アンケート

お客様アンケート 浦安市M様
お客様には、アンケートを書いて頂くにあたり「なるべく厳しい評価をお願いしますね。」と添えてあります。

小さな事でも日々改善していく意識を社員で共有するために、お客様の厳しいご意見・ご指摘は本当に有り難い事です。

使用材料

使用材料
使用材料2