印西市 屋根材が欠損した屋根をカバー工法で改修

千葉県印西市 M様 屋根改修工事・付帯塗装概要

ビフォーアフター

before1
2015im01
vertical1
after1
2015im02
千葉県印西市で施工中の住宅から、M様邸の屋根材が欠損しているのを発見しお声がけさせていただきました。

お調べしたところ、屋根塗装時に必要な「縁切り」処理がされていませんでした。縁切り処理がされていないと、雨水が屋根材や屋根内部の木材などを腐らせてしまいます。M様邸の屋根はその他前回塗装をした業者の施工不良により、屋根材が欠損するほど劣化が激しい状態でした。

外壁はコケや汚れが付着していましたが良い状態でした。今回傷んでしまった屋根はカバー工法で改修工事を行い、幕板などの塗装工事を行いました。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
屋根改修工事
(カバー工法)
石付きガルバリウム鋼板
D'Sルーフィング ディプロマットスター
色番:カフェ
メーカー保証30年
付帯塗装 ファインシリコンフレッシュ 5年

屋根改修工事

2015im04
2015im03
屋根は屋根材の欠損以外にコケが繁殖したり、塗膜が剥がれ素地が出てしまったりしている箇所がありました。塗装をしても吸水し脆くなった屋根材を回復することは出来ませんので、今回ガルバリウム鋼板によるカバー工法を行うことにしました。

2015im05
2015im06
カバー工法をするにあたり、高圧洗浄をした後既存の棟板金を撤去します。棟板金を撤去したあとは、新しく防水シートを敷きます。

2015im07
2015im08
新しい屋根材を設置します。今回は石付きガルバリウム鋼板のD'Sルーフィング「ディプロマットスター」で施工しました。お色は落ち着いた色合いのカフェを使用しました。

屋根材を葺いた後は、棟板金の下地木材と棟板金を設置します。棟板金に打ち込んだ釘頭には、コーキングを盛り付ける事により経年による抜けの防止や、微細な雨水の侵入を防ぐ役割をしてくれます。コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にコーキング処理を行いました。

2015im11
2015im10
M様の屋根は切り妻を重ねた作りになっており、谷板金の部分は水が集まりやすくなっています。本来雨樋に直接落ちていなければならない谷板金は、ケラバ板でせき止めてしまい、水がその下に入り込んで破風版と軒天がボロボロになっていました。

before1
2015im09
horizontal1
after1
2015im12
ボロボロになってしまった破風版は下地を強化し、破風板にガルバリウム鋼板で板金巻きをして補修をしました。

付帯塗装

before1
2015im13
horizontal1
after1
2015im14
幕板は一部塗膜が剥がれてしまっていました。この箇所の下塗りが不足していたようです。既存の劣化した塗膜をしっかり除去した後、塗装メンテナンスをしました。

完成

2015im02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県印西市のM様、今回の屋根改修工事では大変お世話になりました。
アンケートも丁寧にお答え下さって、ご満足評価もいただけて嬉しく思います。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。


【今回カバー工法で使用した屋根材】

お客様アンケート

2015im15
ありがとうございました。