野田市 築30年の住宅の外壁リフォーム

千葉県野田市 K様 外壁塗装・屋根改修工事概要

ビフォーアフター

before1
201812nk01
vertical1
after1
201812nk02
千葉県野田市のK様よりインターネットを通じて、外壁塗装についてのお問い合わせをいただきました。

K様邸は築30年で初めての外壁塗装ということで、外壁はクラックが発生していました。
屋根材はアスベストを含む強固な屋根材でしたが、メンテナンス時期を大きく過ぎており、塗装では対応できないぐらい劣化が進んでしまっていました。塗装はあくまで給水予防を行うものであり、既に吸水し、脆くなってしまった建材を回復させる効果はありません。
今回はカバー工法にて屋根リフォームを行うことにしました。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 ダイヤモンドコート
色番:ND-110
10年
付帯塗装工事 一液ファインフッ素UV
色番:ND-155
5年
屋根カバー工法 石付きガルバリウム鋼板
D'Sルーフィング ディプロマットスター
色番:カフェ
雨漏り10年

屋根改修工事

201812nk05
201812nk04
屋根材はかなり吸水が進んでおり、塗膜が剥がれた部分にはコケが繁殖していました。
また、吸水が進んでしまった屋根は、強風の煽りを受けて屋根材の一部が浮いていました。

201812nk06
棟板金撤去

201812nk07
防水シート敷き

カバー工法をするにあたり、高圧洗浄をした後既存の棟板金を撤去します。高圧洗浄をすると真っ白になりました。これは塗膜で守られていない、屋根材のセメント素地が露出しているからです。高圧洗浄と棟板金を撤去したあとは、新しく防水シートを敷きます。

201812nk08
屋根材設置

201812nk09
完成

新しい屋根材は、屋根の形に合わせてカットして設置します。今回は石付きガルバリウム鋼板のD'Sルーフィング「ディプロマットスター」で施工しました。お色は落ち着いた色合いのカフェを使用しました。

外壁補修・塗装

201812nk10
クラック

201812nk11
クラック補修

外壁にクラックが発生していました。震災もありましたのでその影響も少なからずあると思われます。クラックは補修用弾性パテでしっかり補修します。

before1
201812nk12
horizontal1
after1
201812nk13
高圧洗浄と外壁補修の後は塗装をします。今回は上塗りに高耐久の「ダイヤモンドコート」を使用いたしました。お色はND-110を使用しました。

軒樋交換

201812nk14
201812nk15
軒樋が一部曲がっていたため交換することにしました。既存の曲がった軒樋を撤去します。

201812nk16
201812nk17
外壁の色に合わせた色合いの軒樋を新しく設置します。軒樋を設置した後は、落ち葉やゴミで詰まらないように網でカバーします。

付帯塗装

201812nk18
換気フード

201812nk19
換気口

完成

201812nk02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県野田市のK様、今回の外壁塗装工事では大変お世話になりました。
アンケートも丁寧にお答え下さって、ご満足評価もいただけて大変嬉しく思います。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。

【今回カバー工法で使用した屋根材】

お客様アンケート

201812nk20
ありがとうございました。