印西市 セラミック瓦の屋根の家を外壁リフォーム

千葉県印西市 T様 外壁塗装・屋根補修工事概要

ビフォーアフター

before1
201904it01
vertical1
after1
201904it02
千葉県印西市のT様より、インターネットを通じて外壁リフォームのご相談をいただきました。

築10年になるT様邸の屋根はセラミック瓦が採用されていました。セラミック瓦は塗装不要の建材ですが、汚れが気になっても塗装等をする建材ではないので、経年で汚れが目立ってしまいます。

また、セラミック瓦の屋根材は棟の中の土や漆喰が劣化することから、30年に一回棟交換が必要になります。
他の屋根材に比べてメンテナンスコストが比較的安い建材ですが、家のメンテナンスの計画を立てる上で重要なポイントになります。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 ガイナ
色番:75-90D
10年
付帯塗装工事 一液ファインフッ素UV
色番:ND-155
5年

外壁補修・塗装

モルタルの外壁にはクラック(ひび割れ)が発生していました。塗装を行う前に弾性パテを使ってしっかり補修をします。

201904it03
施工前

201904it04
施工後

高圧洗浄と外壁補修の後は塗装をします。T様の外壁はソフトリシンのモルタルで施工されており、今回は仕上げに高断熱塗料の「ガイナ」を使用しました。お色は75-90Dを使用しました。

before1
201904it05
horizontal1
after1
201904it06

屋根補修

屋根材はセラミック瓦が採用されていました。セラミック瓦は塗装不要の健在ですが、一部の瓦が割れていました。
割れてしまっている瓦は新しい瓦と交換しました。ひびが小さいものに関しては補修を行いました。

201904it07
施工前

201904it08
施工後

屋根に設置されているソーラーパネルの下に鳥の巣がありました。
鳥の巣は放置しておくと家への被害だけではなく、病気やアレルギーなどの健康被害をもたらしますので塗装前に撤去します。

201904it09
鳥の巣撤去

201904it10
板金補修

防火造り補修・塗装

T様邸は板張りではなく、外壁と同じモルタルの「防火造り」になっています。
クラックが発生している箇所を補修し、外壁と同じガイナで塗装をしました。

201904it12
施工前

201904it13
施工後

ベランダ塗装

FRP防水のベランダは、グラスファイバー繊維の跡が目立つようになっていましたので、トップコートの塗替えを行いました。

201904it14
施工前

201904it15
施工後

その他付帯塗装

201904it16
霧除け

201904it17
水切り

完成

201904it02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県印西市のT様、今回の外壁塗装と屋根補修工事では大変お世話になりました。
アンケートも丁寧にお答え下さって、ご満足評価もいただけて大変嬉しく思います。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。

【今回使用した塗料】