千葉市 高弾性塗料で塗装されたモルタル外壁の塗替え

千葉県千葉市 O様 外壁塗装・屋根補修概要

ビフォーアフター

before1
千葉市O様 ビフォー
vertical1
after1
千葉市O様 アフター
千葉県千葉市のO様より定期メンテナンスのご依頼がありました。
お調べしたところ、外壁はクラック(ひび割れ)もなく非常に良い状態でした。外壁はクラック(ひび割れ)に強い高弾性塗料が採用されていました。旧塗膜の動きに追従出来ない仕様での塗替えは、塗膜剥がれなどのリスクを伴うため今回も高弾性塗料を使用しました。

門扉は大きなクラックが発生し、錆の影響で赤く変色しておりました。また破風版は塗膜の劣化が激しく、塗膜が剥がれていました。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証期間
外壁塗装工事 高弾性ファインシリコンフレッシュ
色番:ND-111
10年
付帯塗装工事 防錆型ファインSi
色番:ND-105、ND-111
5年

外壁補修・塗装

before1
千葉市O様 外壁塗装
horizontal1
after1
千葉市O様 外壁塗装
外壁はクラック(ひび割れ)の発生もなく良い状態でしたが、チョーキングの発生が見られました。チョーキングは塗膜が劣化してきているサインなので、塗替えの一つの目安になります。

既存の塗膜は、クラック(ひび割れ)に強い高弾性塗料が採用されていました。旧塗膜の動きに追従出来ない仕様での塗替えは、塗膜剥がれなどのリスクを伴うため今回も高弾性塗料を使用しました。お色は外壁塗装をされるお客様からご要望の多い、ND-111とほんのりイエローがかったクリーム系の色で塗装しました。

屋根補修

before1
千葉市O様 屋根補修
horizontal1
after1
千葉市O様 屋根補修
屋根は非常に良い状態でしたが、棟板金部分は釘が飛び出していました。釘が浮いた状態で放置してしまうと、台風など強い風の日や地震などで棟板金が落下してしまう可能性があり大変危険です。ですので、釘はしっかり打ち込みます。
釘頭には、コーキングを盛り付ける事により経年による抜けの防止や、微細な雨水の侵入を防ぐ役割をしてくれます。コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にコーキング処理を行いました。
釘頭のコーキング処理と合わせて、板金部のジョイント部分にコーキング処理をしました。

付帯塗装

千葉市O様 破風板塗装
千葉市O様 破風板塗装
千葉市O様 破風板塗装
千葉市O様 破風板塗装
破風板は塗膜の劣化が激しく、塗膜が剥がれていました。新しく塗装をする際は、劣化した塗膜を丁寧に除去します。劣化した塗膜を丁寧に除去した後はコーキングを新しく打ち替え、塗装をします。

before1
千葉市O様 門扉補修・塗装
horizontal1
after1
千葉市O様 門扉補修・塗装
錆の影響で赤く変色していた門扉は、錆びが発生している箇所の錆と劣化している塗膜を丁寧に除去し、塗装をします。

before1
千葉市O様 門扉補修・塗装
horizontal1
after1
千葉市O様 門扉補修・塗装
大きなクラック(ひび割れ)が発生していた門扉は、コーキング材で補修してから塗装します。

千葉市O様 その他付帯塗装
水切り塗装
千葉市O様 その他付帯塗装
シャッター塗装

完成

千葉市O様 完成
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県千葉市のO様、今回の屋根リフォームと外壁塗装では大変お世話になりました。
アンケートも丁寧にお答え下さって、ご満足評価もいただけて嬉しく思います。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。