柏市 外壁リフォームで腐食した幕板の改修工事

千葉県柏市 Y様 外壁塗装・屋根塗装概要

ビフォーアフター

before1
201810ky01
vertical1
after1
201810ky02
千葉県柏市のY様より外壁リフォームのご相談がありました。

お調べしたところ、築年数に対して幕板の劣化が激しい状態でした。シャイン以外に3社が現場調査に来たとのことですが、幕板の指摘をしたのはシャインだけでした。
実はこの幕板、10年目点検の際にハウスメーカーより不具合があるかも知れないと指摘されていた箇所でした。ハウスメーカーの施工時の不良であるにも関わらず、補修が有料と言われてしまったとのこと。しかし、見た感じ大丈夫そうだから・・・と先送りにしていた事をY様より教えていただきました。

足場を組んで状態をよく見る必要がありましたので、外壁と屋根を塗り替える際に、幕板をもっと詳しくお調べすることにしました。

施工範囲と保証期間

施工内容 使用材料 保証年数
外壁 インディフレッシュセラ 8年
付帯 ファインパーフェクトトップ
色番:ND-155
3年
屋根 ファインパーフェクトベスト
色番:ダークチョコレート
8年

幕板改修工事

201810ky03
201810ky04
足場を組んだ後に幕板をよくお調べすると、動画でご紹介したように幕板は手で簡単に剥がれてしまうほど劣化しており、下地木材は原型がなくなるほど腐食が進んでおりました。

201810ky05
201810ky06
幸い既存の防水紙は無事でしたので、腐食した既存の幕板を撤去して新しく幕板を設置することにしました。

201810ky07
201810ky08
劣化した既存の幕板を撤去した後は、下地となる木材を新しく設置します。

201810ky09
201810ky10
下地木材を設置した後は、防水紙を下から丁寧に貼り付けます。防水紙を下から貼ることにより、侵入した雨水が防水紙をつたい下地木材まで到達するのを防ぎます。

その後、高耐久のガルバリウム合板で新しく幕板を設置します。

201810ky11
201810ky12
ガルバリウム鋼板を設置後、塗装をしてコーキング処理をし新しい幕板が完成しました。これで幕板改修工事は終わりです。

外壁補修・塗装

before1
201810ky13
horizontal1
after1
201810ky14
ソフトリシンのモルタル外壁は、複数箇所でクラック(ひび割れ)の症状が見られました。前回のメンテナンスでクラックを補修した際に使われた材料には塗料がのりませんので、削る必要がありました。削り取った後は、新しく弾性パテで補修し直しました。

before1
201810ky15
horizontal1
after1
201810ky16
高圧洗浄と外壁補修の後は塗装をします。今回は上塗りに「インディフレッシュセラ」を使用いたしました。華やかな色合いで、明るい印象に変わりました。

屋根補修・塗装

201810ky17
201810ky18
屋根は塗膜剥離が進行し、塗膜が剥がれたところにコケが繁殖していました。また、1階屋根の一部で棟板金を固定している釘がほとんど抜けかかっていましたので、新しく釘を打ち込みました。

201810ky19
201810ky20
棟板金のジョイント部は、上から新しくコーキング処理をしました。

打ち込み直した釘頭には、コーキングを盛り付ける事により経年による抜けの防止や、微細な雨水の侵入を防ぐ役割をしてくれます。コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にコーキング処理を行いました。

before1
201810ky21
horizontal1
after1
201810ky22
高圧洗浄で汚れやコケをきれいに落とし、補修が終わったら塗装作業に入ります。下塗りは、屋根材が下塗り材を吸い込むのが止まるまで下塗り材を塗布し続け、表面に接着剤が出てきたのを確認してから次の塗装をします。今回は仕上げに「ファインパーフェクトベスト」を使用しました。

付帯塗装

201810ky23
シャッター塗装

201810ky24
軒天塗装

201810ky25
ベランダ笠木塗装

201810ky26
桶塗装

完成

201810ky02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県柏市のY様、今回の外壁塗装と屋根塗装では大変お世話になりました。
アンケートも丁寧にお答え下さって、ご満足評価もいただけて嬉しく思います。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。

お客様アンケート

201810ky27
ありがとうございました。