柏市 カルセラを使った外壁リフォーム

千葉県柏市 T様 外壁塗装・屋根塗装工事概要

ビフォーアフター

before1
201810kt01
vertical1
after1
201810kt02
千葉県柏市のT様より雨漏りのご相談をいただきました。

1階和室の天井に雨染みがあり、その上にあたる場所で雨漏りの原因と思われる隙間が確認できました。
各所に雨漏りの補修跡がありますが、適切に補修されていない状態でした。
今回外壁リフォームするにあたり、一部カルセラを用いたリフォームをすることにしました。

フルベストの屋根はコケが繁殖し、複数箇所で塗膜の剥がれや屋根材の割れが発生していました。また、屋根に設置してあるソーラーパネルが台風により破損していました。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 パーフェクトトップ
色番:69-60H
カルセラ
色番:GB-5
8年
屋根塗装工事 サーモアイSi
色番:クールナスコン
8年

外壁補修・塗装

201810kt03
201810kt04
サイディングボードのクラック(ひび割れ)にはシリコンコーキングによる補修跡がありました。シリコンコーキングには塗料がのらないので、補修し直します。

201810kt05
201810kt06
外壁サイディングの目地のコーキングは、界面剥離を起こしていたので打ち換え工事をします。界面剥離は新築施工時のプライマー(接着剤)の塗布がされていなかった、もしくは塗布ムラがあったために起こる現象です。

また一部剥がれがひどいところを確認すると、ボンドブレーカーが貼っていないところもあるようでした。こちらは既存のコーキングを撤去し、ボンドブレーカーを貼り付けた後でコーキングを打ち込みます。

before1
201810kt07
horizontal1
after1
201810kt08
高圧洗浄と外壁補修の後は塗装をします。今回は「パーフェクトトップ」で塗装しました。お色は69-60Hを使用しました。

201810kt09
201810kt10
外壁リフォームをするにあたり、イメージチェンジで玄関部にカルセラを使用することになりました。カルセラは新素材セラミックレンガで、超軽量で高耐久なので建物に負担をかけないことが特徴です。

施工するにあたり、カルセラを接着する面に専用の下地調整材を塗ります。下地調整材を塗った後は専用接着剤を塗ります。

201810kt11
201810kt12
貼り付けるカルセラを適切な大きさにカットし、貼り付けます。

before1
201810kt13
horizontal1
after1
201810kt14

屋根補修・塗装

201810kt15
201810kt16
フルベストの屋根は前回塗装した塗膜が剥がれ、ひび割れが発生していました。ひび割れ箇所はしっかり補修をします。

201810kt17
201810kt18
棟板金の結合部のコーキングに劣化が見られました。劣化した既存のコーキングを撤去し、新しくコーキング材を打ち替えます。釘頭は、コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にもコーキング処理を行いました。

before1
201810kt19
horizontal1
after1
201810kt20
高圧洗浄で汚れやコケをきれいに落とし、補修が終わったら塗装作業に入ります。下塗りは、屋根材が下塗り材を吸い込むのが止まるまで下塗り材を塗布し続け、表面に接着剤が出てきたのを確認してから次の塗装をします。今回は仕上げに「サーモアイ Si」を使用しました。お色はクールナスコンを使用しました。

破風板補修・塗装

201810kt21
201810kt22
窯業系の破風版は、結合部のコーキングが破断しているので新しく打ち替えます。

before1
201810kt21
horizontal1
after1
201810kt23
コーキングを打ち替えた後は、下地処理をして塗装をします。

その他付帯塗装

201810kt24
軒天塗装

201810kt25
水切り塗装

完成

201810kt02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県柏市のT様、今回の外壁塗装と屋根塗装工事では大変お世話になりました。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。

【今回使用した塗料】