柏市 通気工法のサイディングボードをナノコンポジットW防藻+で外壁塗装

千葉県柏市 H様邸 外壁塗装・屋根補修工事概要

ビフォーアフター

before1
201904ks01
vertical1
after1
201904ks02
千葉県柏市H様よりインターネットから外壁塗装のご相談を頂きました。

H様邸の外壁は通気工法のサイディングボードで施工されていましたので、仕様に制限なく塗装ができる状態でした。
しかし、難付着のサイディングボードが用いられている可能性がありました。
難付着ボードの場合、通常の下塗りでは直ぐに上塗りが剥がれてしまい本来の密着力が発揮されない為、専用の下塗り材を塗布する必要があります。

施工範囲と保証期間

工事内容 使用材料 保証年数
外壁塗装工事 ナノコンポジットW防藻+
色番:NC-44
8年
付帯塗装工事 一液ファインフッ素UV
色番:チョコレート
3年
屋根塗装工事 ファインパーフェクトベスト
色番:チョコレート
6年

外壁補修・塗装工事

サイディングボード目地のコーキングで界面剥離が見られました。界面剥離は新築施工時にプライマーと呼ばれる接着剤の塗布が不足していた為起こる現象です。
劣化していた既存のコーキング材を撤去し、プライマーをしっかり塗布してから新しくコーキング材を充填し打ち替えを行いました。

201904ks03
施工前

201904ks04
施工後

外壁のサイディングボードの一部にクラック(ひび割れ)が発生していました。
塗装するだけでは欠損は埋まりませんので、パテで補修します。

201904ks05
施工前

201904ks06
施工後

高圧洗浄と外壁補修の後は塗装をします。S様邸の外壁は難付着サイディングボードが使用されている為、専用の下塗り材を塗布しました。
下塗りの後コケの繁殖を防いでくれる「ナノコンポジットW防藻+」で塗装をし、お色はNC-44を使用しました。

before1
201904ks07
horizontal1
after1
201904ks08

屋根補修・塗装

屋根はコロニアル系屋根材のスレート瓦が採用されていました。
アスベストが含まれているスレート瓦もありますが、こちらの屋根材には含まれていませんでした。
アスベストが含まれていない屋根材は割れがひどくなってしまうものもありますが、H様邸の屋根は大きな割れもなく塗装で対応できる状態でした。

棟板金のつなぎ目は正しい処理がされていませんでした。本来であれば、コーキングなどを用いて接合することがほとんどです。
屋根を塗装する前にコーキング処理を行いました。

201904ks09
施工前

201904ks10
施工後

高圧洗浄で汚れやコケをきれいに落とし、補修が終わったら塗装作業に入ります。
今回は仕上げに「ファインパーフェクトベスト」で塗装をしました。お色はチョコレートを使用しました。

before1
201904ks11
horizontal1
after1
201904ks12

付帯

軒天は大きな劣化が見られませんでしたが、他がきれいになると汚れが目立ってしまいますので塗装をしました。

201904ks13
施工前

201904ks14
施工後

201904ks15
ベランダ

201904ks16
物干し

完成

201904ks02
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県柏市のH様、今回の外壁塗装と屋根塗装工事では大変お世話になりました。
アンケートも丁寧にお答え下さって、ご満足評価もいただけて大変嬉しく思います。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。