千葉県市川市 H様邸 直貼りで凍害したサイディングとRC造の外壁塗装

築年数
20年
坪数
60坪
外壁
パーフェクトトップ 艶あり   8年   色=ホワイト
パーフェクトトップ 5分艶   8年   色=ND-174
パーフェクトトップ 5分艶   8年   色=ND-108
屋根
シリコンルーフⅡ  8年   色=ホワイト
付帯
防錆型ファインSi  3年   色=ND-155
目地シール
コニシ NB-50  5年   色=ホワイト
before1
市川市中国分 全景ビフォー
vertical1
after1
市川市中国分 全景アフター



before1
市川市中国分 外壁ビフォー
horizontal1
after1
市川市中国分 外壁アフター
市川市H様邸 外壁塗装
全体的に前回塗膜の剥離が見られ、また、サイディングボードが雨水の吸水による劣化(凍害)を起こしてしまい、塗膜がフカフカと浮いてしまっている状態でした。
この状態で簡単な色つけ程度の塗装で仕上げてしまうと早年で塗膜が剥がれてしまい、サイディングボードを保護する事が出来なくなってしまいます。
今回の塗装前には密着の悪い剥離塗膜を出来るだけ除去し、素地強化を行った上で塗装する必要があります。
市川市H様邸 外壁塗装
サイディングボードを止めていた釘が抜け落ちてしまい、穴だけが開いている箇所がありました。
このままにしてしまうと、ここから雨水などが侵入してしまいますので、こちらもパテを使用し埋めていきます。
市川市H様邸 外壁塗装
均等に均して完成です。

市川市H様邸 外壁塗装
モルタル部の外壁の一部が、地震による負荷や経年劣化の為に欠損している箇所がありました。
モルタル外壁の内部鉄骨が見えている状態の箇所がありましたので、補修を行っていきます。
市川市H様邸 外壁塗装
均等に均し、しっかりと乾燥を行ってから塗装を行っていきます。
市川市H様邸 外壁塗装
下塗りに使用したマスチックローラーは、ウールローラーに比べ約2倍の厚みで塗装する事が出来ます。
素地を補強し、ヘアークラックなどに追従するという特徴があります。
既存の模様を損なわぬよう、マスチックローラーを使用し、波型のパターン付けを行っていきます。
before1
市川市H様邸 屋根塗装
horizontal1
after1
市川市H様邸 屋根塗装





下塗り(1液ハイポンファインデクロ)

H様邸の屋根は折半屋根を使用されておりました。
下処理で汚れやサビなどを丁寧に除去したのち、
下塗りには、高防錆性の非常に高い1液ハイポンファインデクロという塗料を塗布していきます。

中塗り・上塗り(シリコンルーフⅡ)

光沢感・肉持ち感を持った、トタン専用シリコン塗料のシリコンルーフを塗布していきます。
シリコンルーフ2は1液速乾タイプで、激しい風雨・積雪・滑雪などにも耐えるという機能を持っています。
劣化してしまったトタンを見事に蘇らせる事が出来ます。

中塗り、上塗りの2回塗りで仕上げ、完成です。

before1
市川市H様邸 ベランダ塗装
horizontal1
after1
市川市H様邸 ベランダ塗装



市川市H様邸 付帯塗装
市川市H様邸 付帯塗装
市川市H様邸 付帯塗装
市川市H様邸 使用材料
市川市H様邸 使用材料




お客様の声
千葉県市川市 H様邸

遠方にいるご両親を招き入れる為に購入した家をメンテナンスしたい。
購入時から不安がある外壁やベランダの防水性を高めて
安心してご両親が住める家にしたいとのご要望がございました。
外装メンテナンスの専門知識があり、また依頼者様のご要望に応えられる業者をお探しでした。

ご依頼頂いた物件は外壁、各シーリングの劣化が著しい状態でご依頼主様のご要望通りまずは防水性の確保をしたうえで塗装工事とご提案させて頂きました。屋 根も適正なメンテナンス時期を過ぎており既存塗膜が剥がれている状態でした。各部適切に下処理を行わないといくら綺麗に塗りあげても耐久性が維持出来ない 状態で、まさにシャインが得意とする「徹底下処理」が不可欠であり弊社ご提案を採用してご指名頂きました。

大掛かりな内装工事と並行しての作業となりましたが、ご依頼者様が業者間の連絡をしっかりとおこなってくださり、トラブルなく工程を進めていくことが出来ました。
ご配慮いただけたこと感謝申し上げます。
ご依頼者様の「安心して住める家に両親を迎え入れたい」との強いお気持ちが伝わり、我々もその気持ちを感じながら施工に取り組ませて頂きました。

ご依頼者様、H様、この度は外装リフォームをシャインにお任せ頂き誠に有難うございます。
安全でスタイリッシュに生まれ変わったお家でご両親と一緒にゆっくりとお過ごし頂きたいと思っております。