千葉県市川市I様邸 直貼り凍害補修とパミール屋根材をカバー工法

外壁塗装概要

外壁塗装ビフォーアフター

before1
市川市I様邸 ビフォー

vertical1
after1
市川市I様邸 アフター
千葉県市川市I様邸は、弊社がご近所を施工中に、屋根材が早期にぼろぼろになってしまうパミールであることが分かったため、お声を掛けさせていただきました。
外壁の診断をさせていただいたところ、直貼りであったため、ベランダ腰壁に凍害も発生しておりました。
外壁は腐食していたベランダ笠木下地木材の交換、クラック補修とパーフェクトトップで塗装、屋根はディプロマットのカバー工法を採用いただきました。

施工範囲と保証期間

築年数
16年
坪数
35坪
施工部位
【外壁塗装】
外壁クラック補修・釘→ビス交換、パテ補修工事
【屋根カバー工法】
【付帯塗装】
ベランダ軒天一部補修工事、軒天、破風板、雨樋、霧除け・出窓、天板、水切り、エアコンホース及びその他配管等小物、戸袋及び雨戸、塗装
【シーリング工事】
目地部=打替え、窓周り=増し打ち
外壁塗装 パーフェクトトップ 自社保証8年 メーカー保証3年
付帯塗装 ファインパーフェクトトップ 自社保証3年 メーカー保証3年
シーリング工事 サンライズNB-50 破断5年
屋根改修 D's roofing ディプロマット メーカー保証30年
市川市I様邸 外壁補修(凍害劣化部分)
凍害が発生している外壁のコーナー部分です。
このまま塗装をすると剥がれてしまうため、
スチールワイヤーやワイヤーブラシで丁寧に剥離し、乾燥した清浄な面にしてから施工します。
市川市I様邸 外壁補修(凍害劣化部分)
剥離した箇所にシーラーを塗布します。
市川市I様邸 外壁補修(凍害劣化部分)
今回はこの上塗装をおこない、板金で施工しました。
市川市I様邸 外壁塗装
下塗り
水性シリコン浸透シーラー
水性シリコン浸透シーラーは水性でありながら浸透力と密着性に優れています。
市川市I様邸 外壁塗装
上塗り(1回目)
パーフェクトトップ 艶消し
透湿性優先仕様のため、艶消しが必須です。
市川市I様邸 外壁塗装
上塗り(2回目)
パーフェクトトップを塗布していきます。
ラジカルが塗膜に触れるのを抑える事で紫外線による外壁の塗膜劣化を防ぎ、塗装の寿命を延ばしてくれます。
ムラの無いように丁寧に仕上げます。

屋根塗装ビフォーアフター

before1
市川市I様邸 屋根塗装

vertical1
after1
市川市I様邸 屋根塗装
千葉県市川市のI様邸の屋根はノンアスベストのニチハ パミールという屋根材です。
これは、アスベストが建材に使用できなくなったため、強度を保つために薄いスレートを何層にも重ね高温で圧縮したスレート材です。
しかし、こちらは経年で層間剥離(層と層が剥離してしまう)を起こしてしまい、比較的早期にぼろぼろになる建材でした。
この状態で表面に塗装をしても剥がれてしまうため、塗装メンテナンスはお勧めできないので、D’sルーフィング ディプロマットのカバー工法で施工を行いました。 ディプロマットはメーカー保証30年です。
市川市I様邸 屋根カバー
棟などの板金を撤去していきます。
市川市I様邸 屋根カバー
ルーフィングを貼りつけていきます。
弊社は、ゴムアスシートの中でも下地防水の役目を長期にわたって発揮してくれるために、積雪の多い寒冷地でも使用できるルーフィング材を使用しています。
市川市I様邸 屋根カバー
ディプロマット本体を軒先から傷がつかないように加工し取り付けます。役物を取付け、釘頭やジョイント部分にコーキング処理をして完成です。

付帯塗装

市川市I様邸 ベランダ補修
水が侵入して、ベランダ笠木下地木材が腐食していました。
市川市I様邸 ベランダ補修
新しい木材に交換します。
市川市I様邸 ベランダ補修
ジョイント部にコーキング処理をします。
before1
市川市I様邸 その他付帯
水切り
horizontal1
after1
市川市I様邸 その他付帯
before1
市川市I様邸 その他付帯
破風板
horizontal1
after1
市川市I様邸 その他付帯
before1
市川市I様邸 その他付帯
雨戸
horizontal1
after1
市川市I様邸 その他付帯