茨城県守谷市 I様邸 ゾラコートEX 外壁塗装

<I様邸 2013年5月>
築年数
12年
坪数
41坪
外壁
水性 ゾラコートEX 10年
屋根
サーモアイSi 10年
付帯
ファインシリコンフレッシュ 7年
コーキング
変性シリコンコーキング(LMタイプ) 破断保証7年 クラック保証5年

外観

before1
守谷市の外壁塗装と屋根塗装の外観の施工前写真
horizontal1
after1
守谷市の外壁塗装と屋根塗装の外観の施工後写真

外壁塗装

before1
守谷市の外壁塗装と屋根塗装の外壁の施工前写真
horizontal1
after1
守谷市の外壁塗装と屋根塗装の外壁の施工後写真

外壁塗装 施工工程

茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:高圧洗浄
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:高圧洗浄
長持ちの秘訣 徹底した高圧洗浄

こびりついた埃やコケを水圧で除去します。 洗浄で落ちないカビなどは、除藻剤で除去 しました。

茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:目地のコーキング剤の打ち替え(撤去)
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:目地のコーキング剤の打ち替え(撤去)
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:目地のコーキング剤の打ち替え(撤去)
劣化したコーキングを専用工具を使用し撤去します。
劣化したコーキングはすべて除去し、 打ち替えないと早期破断してしまいます。

茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:目地のコーキング剤の打ち替え(ボンドブレーカーテープ)
長持ちの秘訣 コーキング材の3面接着防止

除去時に裏側まで接着しているとコーキングの伸縮の妨げになるため、3面接着防止用のボンドブレーカーテープを貼っていきます。
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:コーキングの打ち替え(プライマー)
長持ちの秘訣 たっぷりとプライマー塗布

新しくコーキング材を打ち込む前に専用の下塗りが必要です。
サイディングパネルとコーキング材の接着剤の役目をしますので、疎かにはできません。
しっかりと既定の塗布量を塗り込みます。
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:コーキングの打ち替え(打ち込み)
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:コーキングの打ち替え(打ち込み)
打ち込む際は、隙間が入らないように奥に しっかり打ち込み、キレイに均します。
使用するコーキング材もサイディング専用の低モジュラス性の物を使用する事が大切です。
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:釘頭の処理(既存塗膜の除去)
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:釘頭の処理(既存塗膜の除去)
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:釘頭の処理(既存塗膜の除去)
長持ちの秘訣 徹底した下処理

微振動や地震の影響で釘頭周辺の塗膜がわれてしまっています。
再発を防ぐためにパテで補修していきます。 まずは割れてしまった塗膜を除去します。

茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:釘頭の処理(プライマー塗布)
パテとの密着力を高めるために専用プライマーをたっぷり塗布します。
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:釘頭の処理(プライマー塗布)
釘頭にパテを擦り込むように乗せます
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:釘頭の処理(プライマー塗布)
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:釘頭の処理(プライマー塗布)
釘頭のパテ処理の完成です。
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:下塗り(アレス水性エポレジン)
今回下塗りは上塗り剤と同じメーカーの関西ペイントさんのアレス水性エポレジンを 使用しました。
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:中塗り1回目(水性ゾラコートEX中塗)
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:中塗り1回目(水性ゾラコートEX中塗)
塗布量を守りムラなく塗布します。
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:中塗り2回目(水性ゾラコートEX中塗)
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:中塗り2回目(水性ゾラコートEX中塗)
1回目以上に塗りムラが無いように。
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:上塗り1回目(水性ゾラコートEX)
「石目調」に仕上げるため水性ゾラコートEX を吹き付けていきます。
それなりの技術がいる作業です。
水性ゾラコートEXは有害物質をおさえ、環境と身体にやさしい塗装です。
茨城県守谷市I様邸の外壁塗装と屋根塗装工程:上塗り1回目(水性ゾラコートEX)
ありとあらゆる場所に塗装可能ですので、 壁紙クロスのお部屋にその上から塗装したりする事も可能です。
見事な石目調になりました。

お客様アンケート

守谷市I様 お客様アンケート
お客様には、アンケートを書いて頂くにあたり 「なるべく厳しい評価をお願いしますね。」 と添えてあります。

小さな事でも日々改善していく意識を 社員で共有するために、お客様の厳しい ご意見・ご指摘は本当に有り難い事です。

使用材料

使用材料1
使用材料2
使用材料3