消費税8%で外壁塗装・屋根塗装をするには?

2018年10月15日の臨時閣議で、安倍晋三首相は2019年10月に消費税率を10%に引き上げることを改めて表明しました。
それに伴い、2019年10月1日より消費税が8%から10%に増税が予定されています

外壁リフォームや屋根リフォームをする場合「いつまでに契約」して「いつまでに引き渡し」をすれば8%で済むのかをご紹介します!

いつまでに外壁塗装をすればいいの?

zouzei1
消費税は原則的に、商品を受け取る時に課税されますので、外壁リフォームや屋根リフォームの場合、契約時点ではなく、工事が完了して引き渡される時点での税率が適用されます。

しかし、外壁塗装をはじめとしたリフォーム工事では、引き渡しが2019年10月1日を過ぎても

2019年3月31日までに工事請負契約を完了していた場合、消費税8%が適用されます。

zouzei2
請負工事などは原則に従うと、いろいろ不便な点があるということで特別ルール(税率引き上げに伴う経過措置)が設けられています。

2019年4月1日から2019年9月30日の間に、契約から引き渡しまで完了すれば大丈夫と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
ですが、2014年に消費税が5%から8%に増税された時も駆け込み需要の影響で、千葉県だけではなく建築業界全体が深刻な職人不足、建築資材不足、塗料不足に陥り、契約は交わしたものの工事がなかなか進まないという状況が続きました。

確実に消費税率8%を適用させて外壁塗装・屋根塗装など外壁リフォームしたい方は、2019年3月31日までに契約を交わす必要があります。

増税に伴いこんな業者に注意!

zouzei3
駆け込み需要に伴い少しでも多くの現場を回すために、どれぐらいの技術を持っているかわからない職人を連れてきて、さっさと外壁塗装・屋根塗装工事を終わらせてしまう悪徳業者も出てきますので、ギリギリのスケジュールの施工は危険です。

増税への危機感をあおって無駄な工事を勧める業者もいるかもしれません。
大切なのは、家の状態を良く点検し、早めのメンテナンスが必要であれば増税前の塗り替えを検討することです。

たとえば前回の塗装から10年以上経過しているならば、遅かれ早かれ塗り替える必要がありますから、増税前の工事を検討した方が良いかもしれません。
10年以内であれば、増税に惑わされず、今後のメンテナンスの予想時期を決めて予算計画を立てることをおすすめします。


また、10月1日後も材料費の増税分を工事費に反映させないで、自己負担する塗装店も出てくるでしょう。

しかし、負担が大きくなった塗装店は、損失を回収するために早く工事を終わらせて人件費を削減するなど、工事の品質を落としかねない様々なプレッシャーを受けるようになります。

余裕を持ったスケジュールで外壁リフォーム

zouzei4
前回、シャインでは消費税が8%に増税される前には千葉県だけではなく、埼玉県、茨城県などから大変多くのご相談と外壁塗装・屋根塗装のお申し込みをいただきました。

シャインは自社で現場を管理しており、自社職人による施工班数が決まっております。
ですので、見知らぬ職人に現場を任せっぱなしということにはなりませんが、受注できる件数にどうしても限りが出てきてしまいます。

ご相談やお申込みをたくさん頂戴し、大変ありがたいことなのですが、増税前の込み合う時期ではお客様のご都合通りに工事が進まず、お待たせしてしまうこともあります。

今年も春以降は大変、込み合うことが予想されます。本年、外壁塗装をご検討している方は早めのご相談をお薦めします。
混みあっている時期に何かと急いで工事されるよりも余裕を持った日程で塗装された方がお客様も安心できることと思います。


御見積り依頼をいただくのは大変ありがたいのですが、外壁リフォーム・屋根リフォームを検討されてる場合は『消費税が上がるからそれまでに・・』
という視点ではなく、現状の建物のお悩みや要望を中心に思慮なさって下さいね。


・外壁塗装をしようかな・・・とご検討中の方、お悩みの方はぜひシャインまでご相談下さい。
コチラからお待ちしております!

・初めての外壁塗装で不安がいっぱい・・・という方はぜひコチラをご覧ください!


(有)シャインは千葉県柏市を中心に、北はつくば市や土浦市、西は墨田区、南は千葉市や市原市、東は成田市や富里市など、多方面からもご相談だけでなく、外壁塗装や屋根リフォームに関する工事依頼を頂いております。
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る