外壁の劣化の種類と原因

gaihekirekka

「外壁にヒビみたいなものがある」
「外壁塗装が膨らんでる」
とても心配な外壁の劣化や傷。
外壁が劣化してしまうと、家全体の耐久性に大きく影響してしまいます。
どうしてこのような症状が出るのか、外壁の劣化の種類と原因を紹介します。
外壁塗装の塗り直しや、補修を考えている方はぜひチェックしてくださいね。


外壁の劣化の原因は?

外壁が劣化する要因は様々あります。

雨風はもちろん、温度や湿度、紫外線も原因の一つです。
紫外線が当たりやすい南側の外壁は、北側の外壁と比べて劣化が激しくなってしまいます。
逆に北側は湿気がたまりやすいので、結露やカビが原因で劣化する場合があります。
また、大きな通りに面していたり高速道路の近くなど交通量の多いところでは
ほこりや排気ガス、土などで汚れやすくなっています。

年月が経つと、どうしても建物や外壁そのものが劣化してしまいます。
外壁の場合は建物の動きによりヒビ等が入ってしまう事があり、そこから劣化が生じてしまう事もあります。
外装仕上げ材が家の内部を守れなくなる前に、劣化の初期段階で塗替えをして保護しておきましょう。

塗料を規定以上に希釈してしまったり、塗装中の手抜き工事や施工不備などが原因で
劣化が早くなってしまうこともあります。
またどんなに高くていい塗料でも建物や環境にあっていなければ、劣化の原因になります。


外壁劣化の種類

外壁の劣化の原因をおおまかにご紹介しましたが、劣化の種類ごとにそれぞれ原因があります。
劣化の種類とその原因を知ることにより、さらに適切な対処ができるようになります。

外壁が変色・退色している

DSC09267

新しい壁はきれいな状態であるのに対し、変色、退色してしまっている状態です。

[原因]
外壁の塗料が紫外線の影響を受けて劣化し始めたことが原因です。劣化の初期症状でもあります。
この状態を放っておくとこの後詳しく紹介する「チョーキング」という現象を起こしてしまいますので、早めに外壁塗装を行って外壁に新しい膜を作りましょう。

壁を触ると手に白い粉がつく

18022701

外壁を手でこすると白い粉が付く症状。
この現象を「チョーキング現象(白亜化現象)」といいます。

[原因]
外壁塗装の塗料が紫外線によって結合力を失い、塗料の成分に含まれる顔料が粉状になることが原因です。
粉状になった物が塗膜表面に現れるようになり、こすった時に手に粉がつきます。
塗装が粉状になる事とは、塗膜の保護機能が上手く働いておらず外壁を守る力がほとんどありません。

チョーキング現象は塗膜の劣化から起こるものなので、粉っぽくなったからと水をかけて粉を流すのは根本的な解決になりません。
3bf97dc775d2cffce9135e18be7f0229_s

一部分を流したとしてもまだまだたくさんの顔料の粉が外壁に残っているので、乾けばまた粉が出てきます。

また、外壁が水を吸わないように塗装をしていたのに、塗膜が剥がれて外壁が水を吸うようになってしまいます。外壁が吸ってしまった水分が日光に当たっても乾ききらないまま時間が経過してしまうと、カビやコケの原因になります。
さらに水を吸って乾いてを繰り返して壁自体が動くと、クラック(ひび割れ)の原因にもなってしまいます。

チョーキング現象が出てしまっても、早急に塗り替える必要はありません。「チョーキング現象が出ているから、すぐに塗り替えた方がいい」というのは良くない業者が使う営業トークのひとつです。
すぐに塗り替える必要はありませんが、早めに点検をすることで異変が起きた時に対処しやすくなります。

しかし、ちゃんとした業者に依頼をしないと、大げさに劣化していると脅されたり、今なら安くできますよと言って粗悪な工事をされかねません。外壁が今どのような状態にあるのかをしっかり把握して、正しい対処をしましょう。


外壁がひび割れしている

18022702

外壁のひび割れのことを「クラック」といいます。
特に、小さなひび割れ(塗料のひび割れ)を「ヘアークラック」といいます。
同じひび割れでも、大きなひび割れと小さなひび割れとでは、劣化の進行度が違います。


[原因]
幅が狭く奥行きが浅いひび割れが特徴です。
小さなひび割れ(ヘアークラック)は外壁材のひび割れではなく、外壁の表面に塗られている塗料の経年劣化で表面的なひび割れを起こしていることが原因です。
早急に補修を行う必要はありませんが、外壁を塗り替える目安になります。

幅が広く、深さが5mm以上のひび割れは、地震や地盤沈下など、大きな外的圧力によって発生してしまうことが原因です。
表面だけでなく、外壁材自体にダメージがある状態です。
そのまま放置してしまうと、ひびが広がり深くなってしまいます。
また、雨漏りや、外壁がごっそり剥がれ落ちたりしてしまうので早急な補修が必要です。

そのほか、モルタルの壁は水を使って砕石と砂を乾燥させて作られているため、
モルタル自体の収縮や構造木材の乾燥収縮によって、表面に微細なクラックが発生しやすいのが特徴です。

外壁がクラックだらけでも塗り替えをしない人もいます。
ですが塗り替えが遅くなればなるほど、補修が大掛かりになり費用が余計にかかってしまいます。
早期補修をすれば工事規模も少なく、価格も安くなりますので早めの補修をお勧めします。


外壁塗装が剥がれてる・膨れてる

18022703

外壁塗装がボロボロ破れた見た目になったり、水膨れのようにぷくっとなったりする劣化症状です。
塗装が剥がれたり、膨れ(浮い)たりしてしまうと、紫外線や雨風などから外壁を守ることができないので家そのものにまでダメージが及んでしまいます。

[原因]
塗装が剥がれ、浮いてしまうのは、塗料が家の外壁にしっかりと密着できておらず、取れてしまった状態です。塗料そのものの経年劣化や、建物の構造上の問題、塗装業者の不手際などの原因が考えられます。

「外壁塗装の塗料でおすすめの塗料は?」でも紹介しましたが、外壁を塗装するときは3~4回塗りが一般的ですが、最初の下塗り作業では下塗り専用塗料が使われます。
下塗りは美観や保護というよりは、素材と塗料の密着を良くするために行う作業です。
お化粧でいうと「下地クリーム」のような役割です。


家の外壁材にはモルタル壁、金属製サイディング、樹脂系サイディング、コンクリートなど様々な種類があります。
また、下塗り用塗料は下塗り材とも呼ばれ、シーラー、プライマー、フィラー、サーフェーサーといった数多くの種類があり、外壁材の種類や下地の劣化具合などに応じて適切なものを選ぶ必要があります。

下地の選択を間違ってしまうと外壁材と塗膜が密着せず、剥がれてしまいます。
浮いたり剥がれたりした塗料は、再利用することはできませんので、問題の部分を除去し新しい塗装で塗り直すことになります。
下塗り材に限らず、外壁塗装の塗料は全て塗布量と適切な塗装方法、乾燥する時間が決められています。
塗布量に関しては、メーカーから仕入れた缶に対し混ぜる水(またはシンナー)の量も非常に細かく決められています。
乾燥時間を守らずに早めに重ね塗りをしてしまうと、前の工程の塗料の乾燥が不十分で塗膜内分に水分が残ってしまい、水分が膨張して塗膜を押し上げ膨れたり剥がれたりしてしまいます。

また、現場の気温や湿度、天気などの環境条件も考慮しなければなりません。
さらに建材や素材によって、どの道具を使うかも変わってきます。防水性能に優れた厚膜型の塗料や、外壁の模様を変えるときには「テクスチャローラー」「マスチックローラー」「タイルガン」等の専門の道具を使用します。

下塗り材がしっかり外壁にくっつくためには、外壁そのものを塗料がなじみやすい状態に整えておくことが大切です。
どんなに高性能で高級な塗料を使っても、外壁の状態が悪いまま塗装してしまうと、塗装が剥がれるなど劣化が早く、たった数年で塗り直すことになってしまいます。

塗料が外壁に密着しやすいように下地を整える作業を「下地処理」と言います。
お化粧でいうと「洗顔」と「化粧水・保湿クリーム」のような役割です。


下地処理ってどんなことをするの?

18022704

高圧洗浄は業務用の高圧洗浄機を使い、高圧力の水で一気に汚れを落としていく洗浄作業です。
ほこりや土、排気ガス、カビやコケ、蔦など外壁にはたくさん汚れがついてしまいます。
汚れが付いている部分の外壁には塗料が密着できず、せっかく塗ってもすぐに剥がれてしまいます。
シャインの洗浄は、丸一日かけてしっかり丁寧に行います。
根深いカビやコケには、ただ水で洗うだけの高圧洗浄だけでなく、薬品を使った「バイオ洗浄」も実施しております。
汚れを根こそぎ落とすだけでなく、殺菌消毒作用もあるので美観が長持ちするメリットもあります。
バイオ洗浄は植物性の成分をメインにした洗浄剤で、環境や人に配慮した安全性が高いものが多いので気になる方はお気軽にご相談ください。
外壁の状態と環境、予算に応じたご提案をさせていただきます。

180227051

ツタは塗膜に侵食しその下に根を張り、塗膜を剥離させてしまいます。
シャインではきっちりツタ蔦の根を枯らしてから除去し、塗装致します。
強力に張り付いているツタはバーナーで燃やします。
根が残ったままだと塗装後に芽が出て塗膜を破り、外壁に再度ツタが這ってしまう結果となります。
ですので、残った根はワイヤーブラシでもこすり落として除去します。

18022706

クラック(ひび割れ)も塗装前にしっかり補修します。
特にモルタルと呼ばれる外壁材は、経年劣化によりクラックが(ひび割れ)が発生しやすい資材です。
小さなひび割れであるヘアークラックは、下塗り剤をひび割れ箇所に塗り込んで補修します。
大きなひび割れは、専用の工具でV字にカットし、接着剤の役目のプライマーを塗布後コーキング剤をしっかりと奥まで打ち込みます。
劣化の種類によって適切な処理をすることがとても大切です。

また、塗り直しの際、上から塗装されて終わってしまうことの多い釘頭。
ですが、長期間良好な状態に保つためにシャインは釘頭の処理は大切な処理だと考えます。
釘頭が見えないように、1つ1つ丁寧にパテで補修も行います。
気の遠くなる作業ですが、シャインではここまでやって初めて
『下処理・下地補修』
と言える!と自信をもっています。

剥がれている古い塗膜をヘラや研磨紙、研削工具により丁寧に取り除きます。
きれいに取り除かないと新しい塗膜が密着しないので、念入りに取り除く事が大事となります。
剥がれていない塗膜部分と剥がれている塗膜部分の取り合いは念入りに取り除いて、境目部分で再度剥がれが起きないように行います。


いろいろ原因をご紹介しましたが、金属部分(てすり、カラートタンなど)や木部分(ウッドデッキなど)の材質は基本的に塗料がつきにくい部分になります。
このように塗料の性質に関わらず、正しく塗装してもはすぐに剥がれてしまうような材質もあります。

剥がれや膨れが発生してしまった外壁塗装の補修は部分的なので、自分でやってみようと思ってしまう方もいらっしゃると思います。
ですが、ただ塗ればいいだけでなく、剥がれた塗膜の処理や下地処理を綿密に行わなくてはいけません。
きちんと行わなければ塗膜の剥がれや膨れは簡単に再発してしまいますので、専門の業者に依頼しましょう。


コーキング(シーリング)の劣化

18022707

コーキング(シーリング)はサイディングボード外壁などの目地や、窓のサッシなどに使われている充填剤です。建物の防水性や気密性を保持するために、継ぎ目や隙間に充填します。

[症状と原因]
・コーキングに隙間がある
接着剤の役目のプライマーの塗り忘れ、塗りムラ、地震など外壁の動きにコーキング剤が耐えられなかったことが考えられます。

・コーキングが割れている
コーキング材自体の劣化や寿命が原因です。

・コーキングが割れた箇所の奥に下地が見える
厚みが少なかったのか、いずれにしても建物内部に雨水が入っている状態です。

・コーキングがとれてしまった
接着剤の役目のプライマーの塗り忘れや塗布量が足りなかったことと、コーキング材が外壁材にあっていないことが原因です。


コーキング材は環境によりますが、10年程でひびが割れるなどの劣化症状が見られるようになります。
隙間ができていたり、押してみて弾力がない状態は劣化している目安です。
コーキング材が劣化してしまうと雨水が壁の中に入り込み、外壁の劣化だけでなく、最悪の場合、内部木材が腐食するなどの原因になってしまいます。

長期間高性能で保つために、使用するコーキングの相性や耐久性はとても重要です。
シャインでは、仕様に合わせた最適なコーキングをご提案しております。
塗装とコーキング、両方の深い知識を持ち合わせた職人が施工いたしますのでご安心ください。


最後に…

外壁塗装が劣化してしまう原因はたくさんあります。
劣化していても、早急に塗り替えや補修が必要なものから、今すぐでなくても大丈夫なものまで様々です。
建物の環境や、外壁の種類ごとに起きやすい劣化の種類を把握しておいて、劣化の進行度に応じた対処をしましょう。

外壁の劣化はもちろん、軒天や雨樋などの付帯部分も劣化してきます。
シャインでは付帯塗装も劣化が進んでいれば適切な処理を行います。
小物塗装として、ポストや換気フードの塗装も可能ですので、ご希望の小物を塗装させて頂きます。
小物と言えど、すぐに剥がれては元も子もございませんので金属部にはしっかり下塗りを使用致します。
基本工事のプランに含まれていますので、お気軽にご相談ください!



(有)シャインでは千葉県柏市を中心に、北はつくば市や土浦市、西は墨田区、南は千葉市や市原市、東は成田市や富里市など、複数の地域からご相
談はもちろん、外壁塗装や屋根リフォームに関する工事依頼を頂いております。