千葉県 市川市 外壁塗装(サイディング壁の補修・塗装)及び屋根塗装 T様邸

千葉県市川市 T様 外壁塗装・屋根塗装概要

外壁ビフォーアフター

before1
18071001
vertical1
after1
18071002
千葉県市川市のT様が外壁塗装と屋根塗装を検討したきっかけは、訪問販売で来た業者の方にサイディング外壁のコーキング劣化について指摘されましたが、見積額が高額だったため他社を探していらっしゃいました。

数社見積もりを依頼したところ、屋根に登って調査をしたのがシャインだけだったこと、説明が丁寧だったということでシャインにご依頼くださいました。

また、T様は建売住宅の中で初めて塗装工事をなさるとのことで、ご近所様の事をとても気にかけていらっしゃいました。

シャインでは事前にご近所様へご説明、ご挨拶をさせていただいている旨をお伝えしたところ、安心していただけました。

ご近所様からの苦情が良くあるのもこの業界。
業者選びを塗料や値段ばかりにとらわれると大変です。
「挨拶もなかった」とご近所様からクレームを言われるのはお施主様にとっても不快だと思います。

シャインでは、2~3日前までにはキチンとご近所様へご挨拶・ご説明して回ります。



塗装工事範囲の保証期間

施工範囲
【外壁塗装】
下地調整①
ひび割れクラック補修
下地調整②
サイディング浮き是正工事

下塗り(1回塗)パーフェクトサーフ
上塗り(2回塗)パーフェクトトップ

【付帯塗装】
軒天塗装工事※換気口塗装含む
破風板塗装工事
幕板(化粧板)塗装工事※外壁取り合いのコーキング処理含む
雨樋塗装工事
霜除け塗装工事
水切り塗装工事
各配管塗装工事

【シーリング工事】
目地部=打ち替え工事
窓周りシール=増打ち工事

【屋根塗装】
下地調整、タスペーサー挿入
ひび割れクラックコーキング補修
下塗り(1~2回塗)ファイン浸透シーラー
上塗り(2回塗)ファインパーフェクトベスト

【屋根付帯塗装】
板金部分 釘打ち替え、釘頭・ジョイント部シーリング処理
板金部下塗り 一液エポキシ樹脂防錆塗装
項目 工事内容 保証年数
外壁 【塗装工事】
パーフェクトトップ
色番:ND-152
7年
付帯 【塗装工事】
ファインパーフェクトトップ
色番:ブラック
5年
屋根 【塗装工事】
ファインパーフェクトベスト
色番:ダークグレー
7年
目地シール 【打替工事】
サンライズ NB-50 色番:アイボリー
5年

外壁補修・塗装

18071003
18071004
サイディングの外壁は高圧洗浄で、外壁に付着している汚れをきれいに落とします。高圧洗浄で汚れを落とした後は、外壁の補修をします。
画像のように幅が広く、5mm以上のクラック(ひび割れ)は表面の塗膜だけではなく、外壁材自体にダメージがある状態です。

18071005
18071006
サイディング外壁のひびが割れている箇所を専門の工具で切込みを入れます。一見傷をつけているように見えますが、そのまま補修材を入れるよりあえてVの字にカッターの切込みを入れることにより、より多くの面積を補修材に充てることができます。これをVカット工法といいます。
切込みを入れた箇所に、補修材が馴染むように接着剤代わりとなるプライマーを塗布します。

18071007
18071008
プライマーを塗布した後は、補修材となるパテを塗布します。はみ出した余分なパテを除去して、ひび割れ箇所の補修は終わりです。

18071009
18071010
サイディング外壁のクラック(ひび割れ)の補修や、目地部のコーキングの打ち替えを行った後は塗装をします。下塗りはパーフェクトサーフを塗装いたしました。パーフェクトサーフについての特徴はこちらでご紹介しております。

下塗りが終わった後は、上塗り1回目をします。

18071011
18071012
上塗材にはパーフェクトトップを使用しました。パーフェクトトップの特徴についてはこちらをご覧ください。
上塗りのお色は、ND-152で塗装させていただきました。
塗装する際は細かいところもしっかり養生してから塗装をします。


屋根補修・塗装

18071013
18071014
屋根の塗装をする前に、しっかり高圧洗浄をして汚れを落とし問題箇所の補修をします。
屋根板金の結合部分のコーキングが劣化しておりましたので、劣化しているコーキング材を専門の道具で切り取り撤去します。

18071015
18071016
棟板金部分は釘が飛び出していました。釘が浮いた状態で放置してしまうと、台風など強い風の日や地震などで棟板金が落下してしまう可能性があり大変危険です。ですので、釘はしっかり打ち込みます。

18071017
18071018
棟板金や雪止めは金属製ですので、錆が発生してしまいます。錆止めとして、下塗りで一液エポキシ樹脂防錆塗装を塗布いたしました。

18071019
18071023
屋根の補修が終わったら、塗装をします。外壁と同じく下塗りをしますが、屋根は外壁と違い常に紫外線や雨風にさらされ、劣化が激しい部分です。下塗り材は基本接着剤の役割を果たす塗料の事で、接着剤は表面に出ていないと効果がありません。
その為、屋根材が下塗り材を吸い込むのが止まるまで下塗り材を塗布し続け、表面に接着剤が出てきたのを確認してから次の塗装をします。下塗り材は、今回ファイン浸透シーラーを使用しました。
ファイン浸透シーラーについての特徴はこちらでご紹介しております。

18071020
18071021
先程劣化したコーキングを撤去した箇所に、新しくコーキング材を充填します。釘頭には、コーキングを盛り付ける事により経年による抜けの防止や、微細な雨水の侵入を防ぐ役割をしてくれます。コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にコーキング処理を行いました。

18071024
18071022
屋根の下塗りと、コーキング処理をした後は中塗りをします。

18071025
18071026
屋根材にひび割れがありましたので、こちらもコーキング材で補修をします。

18071027
18071028
最後に上塗りをします。上塗りはファインパーフェクトベストを使用しました。「ファインパーフェクトベスト」は日本ペイント独自の技術「ラジカル制御技術」によって一般的なシリコングレードを超える耐候性を備えた塗料となっております。お色はダークグレーで塗装させていただきました。


付帯塗装

18071029
18071030
破風版は著しい劣化が見られませんでしたが、継ぎ目のコーキングが劣化により破断しており雨水が入る状態になっておりました。コーキングを打ち替えるために、劣化した既存のコーキングを専門の道具で撤去し、接着剤代わりのプライマーを塗布します。

18071031
18071032
先程コーキング剤を撤去した箇所に新しくコーキング剤を充填していき、補修完了です。他の箇所の継ぎ目も同様に補修します。

18071033
18071034
補修が終わったので塗装をします。塗装をする前に、汚れや劣化した塗膜を落とします。その後下塗りをします。

18071035
18071036
下塗りが終わった後は、中塗り、上塗りをします。付帯塗装にはファインパーフェクトトップという塗料を使用し、お色はブラックで塗装させていただきました。

18071037
18071038
FRP防水のベランダは、一部トップコートが剥がれておりましたので、防水層を保護しているトップコートの塗替えを行いました。
FRPは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で、ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強されたプラスチック、という意味です。
FRPは数々の優れた特性を持っており、例えば強度・耐水性・成型性が優れていることから、船舶、水槽、バスタブ、波板、自動車、屋根材等として広く使用されています。

塗装をする前に、汚れや劣化した塗膜を丁寧に除去します。

18071039
18071040
トップコートを塗り替え、再び雨水に強いベランダになりました。

18071041
18071042
換気口はスチール製で錆が広がっておりました。換気口は下塗りに錆止めを塗布したうえで塗装します。高圧洗浄で汚れを除去したうえで、軒天専用塗料を使用しての2回塗りで仕上げました。

18071043
18071044
破風板同様、継ぎ目のコーキングが劣化により破断しており雨水が入る状態になっておりました。コーキングを打ち替えるために、劣化した既存のコーキングを専門の道具で撤去します。
劣化したコーキング材を撤去した後は、汚れや劣化した塗膜を除去します。

18071045
18071046
その後下塗りをして、劣化したコーキングを撤去した箇所に接着剤代わりとなるプライマーを塗布します。

18071047
18071048
プライマーを塗布した後は、新しくコーキング材を充填します。その後、下塗りをします。

18071049
18071050
下塗りが終わった後は、上塗りをして完成です。

18071051
18071052
雨樋あ色あせが見られましたので、美観保持と劣化防止のため塗装をいたしました。

18071053
18071054
水切りはつなぎ目に隙間ができておりましたので、コーキング材で補修をします。

18071055
18071056
コーキング材で補修した後は、塗装をします。水切りはスチール製ですので、下塗りに錆止めを塗布してから上塗りをします。

18071057
ガスメーター
18071060
換気フード
18071058
ポスト


18071059
玄関灯


完成

18071002
最後に点検をして完成です。
塗装をしないコンクリート床などは、高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

千葉県市川市のT様、今回の外壁塗装では大変お世話になりました。
アンケートも丁寧にお答え下さって、ご満足評価もいただけて嬉しく思います。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。