「カルセラ」を使っておしゃれに外壁リフォーム!

2019040301
出典:玉川窯業株式会社

外壁リフォームといえば、塗装でのリフォームが一般的ですがタイルを使ってリフォームをすることも出来ます。
今回はレンガ調の外壁にリフォームできる、超軽量・高耐久の「カルセラ」をご紹介します。

カルセラとは?

2019040302
「カルセラ」は玉川窯業株式会社から販売されている、超軽量・高耐久のセラミックレンガです。

カルセラは比重約0.85の超軽量素材なので水に浮くほど軽く、建物に負担をかけません。ですので、サイディングの外壁に直張りができます。
サイディング等の下地を剥がすことなく直接カルセラを張る施工のため、廃棄物を出すことなく施工することができ環境にも優しいです。

カルセラのメリット

2019040303
2019040304
出典:玉川窯業株式会社

セラミックでできているため、雨風や紫外線といった耐候性に優れています。カルセラが欠けたり割れたりしてしまっても、その部分だけ張り直すことが可能ですので、補修などのランニングコストを大幅に削減することができます。

201810kt11
201810kt10
カルセラは発泡してできているため、スレート用ノコギリ等で簡単に加工することができます。加工が簡単ですので狭い場所での施工も簡単に行うことができます。

また、施工時にはカルセラ専用接着剤を使用するので簡単に施工することができます。接着剤には人体に有害なトルエン、キシレンなどホルムアルデヒド等を含んでいないため、安心で安全です。

2019040305
タイルを使うことによって、塗装の場合のみよりもデザイン性を高めることができます。カルセラはタイルですが、レンガのような風合いを出すことができるので高級感が出ます。
また、塗装と併用してタイルを張るなどお施主様のイメージに合わせて様々な使い方ができます。外装だけではなく、もちろん内装にも使用できます。

カルセラのデメリット

メリットがたくさんあるカルセラですが、金額が高くなるというデメリットがあります。
カルセラを使用することでリフォーム時のコストはかかりますが、カルセラは耐候性に優れておりメンテナンスフリーといわれています。ですので、長い目で見るとランニングコストを抑えることができます。

豊富なカラーバリエーション!

2019040306


2019040307
2019040308


2019040309


2019040310


2019040311


カルセラの施工手順

201810kt09
下地調整材塗布

201810kt10
専用接着剤塗布

施工するにあたり、カルセラを接着する面に専用の下地調整材を塗ります。下地調整材を塗った後は専用接着剤を塗ります。

201810kt11
適切な大きさに加工

201810kt12
張る

貼り付けるカルセラを適切な大きさにカットし、貼り付けます。

before1
201810kt13
horizontal1
after1
201810kt14
今回カルセラを使用したのは玄関の一部だけですが、お家の印象が大きく変わりました。
外壁リフォームでデザインに凝ってみたい方はぜひご検討ください!

カルセラの施工事例

201810kt02
カルセラの施工事例はこちら

株式会社シャインは千葉県柏市を中心に、北はつくば市や土浦市、西は墨田区、南は千葉市や市原市、東は成田市や富里市など、多方面からもご相談だけでなく、外壁塗装や屋根リフォームに関する工事依頼を頂いております。
お家に関するお悩みは、ぜひお気軽にご相談ください!