我孫子市|外壁塗装・屋根塗装 [H様邸5日目 ]

我孫子市H様邸の外壁・屋根塗装工事5日目です!

本日はサイディング外壁の上塗り(1回目)を行いました。



昨日に下塗りを終えたサイディング外壁に上塗り(1回目)していきます。

DSC02237

本日の外壁塗装はここまでです。気温も低くなってきて、また雨の心配もあります。
(この後午後から雨が降り作業中断となってしまいました。。)

各塗料には 「適正乾燥時間 」 が設定されております。
この 「適正乾燥時間 」 を守らないときちんとした塗膜形成が出来なくなり塗料
本来の持つ性能、耐久性を引き出す事が出来ません。

見た目は綺麗になったけど早年で塗膜がダメになってしまったのでは意味がありません。

職人は各メーカーが設定してる「適正乾燥時間」を守り、そして塗布する素地と
塗料の相性や、塗布した後の天候を考慮して作業していきます。


とここで、

昨日行った屋根の下処理の様子をアップいたします。


屋根棟板金の釘飛び出ているのがみれます。

経年挙動によって発生しやすい症状です。新築時に優良な屋根屋さんは、釘頭にシール材を

盛りつけてくれますが、最近でもそこまで気をまわしてくれる業者さんは数少ないです。

板金の下塗りを行う前に処理していきます。

DSC022301

釘を再度打ち込み、
DSC02231

打ち込んだ釘頭に、
DSC02232

コーキングを打っていきます。
DSC02233

完了です。
塗装前に棟板金の釘全てに処理を行っていきます。
DSC02230

こうした作業を行うことで微細な雨水の侵入を防ぎます。

このひと手間が屋根の劣化を大きく左右する事も有りますので、
弊社では必ず標準工事として行っています。

DSC02229

天気予報では明日も雨。。
スッキリとした秋晴れが待ちどうしいです。