柏市|外壁塗装・屋根塗装 [K様邸4日目]

本日は大切な行程「タスペーサー」についてです。


K様邸は前回の塗装時の塗膜がくっついていて中々タスペーサーが

入らず大変でした。

P1010666

塗膜でスレートの間を塞いでしまうと

▲ 屋根材の重なり部分から侵入してきた雨水が排出されなくなる

▲ 屋根裏面に雨水が浸透

▲ 屋根下地の腐食や雨漏りの原因になる

など悪いことだらけです。


詳しくはこちらから

P1010667

タスペーサーは下塗りの後に挿入するのが一般的です。

塗膜が乾いてから工具で一枚一枚縁切りしていく方法もありますが・・・

上塗り後、塗膜が完全にくっついている状態から無理やり剥がしますので、

まわりの塗膜まで剥がれてしまい見栄えが悪くなったり、塗膜が乾いていない

状態で縁切りしたために再度塗膜がくっつき水はけが悪くなったり、

と、あまりおススメできません。