千葉県柏市|外壁塗装・屋根塗装 [M様邸 3日目]

柏市 外壁塗装・屋根塗装 [M様邸 3日目]の作業です。

本日の柏市の天候はとても寒かったので、塗装日和とは言えませんでした。

ここの所、周期的に天候が崩れるので、天気予報とにらめっこしながら

作業しています。

M様邸には前面に植木や草花が植えられているので傷をつけずに

養生することに気を使いました。

 

植木にビニールで養生をする際は、植物が窒息して枯れない様に

通気孔を所々に空ける事も大切です。

前面の道路は、交通量や人通りが多いので、ご迷惑をお掛けしないように

いつも以上に気が引き締まります。

本日は、お客様が天候がよくないことを気にされていましたので

「無理に作業を進めず一つ一つ確実に施工していきます」

と 説明させて頂きました。

 

天候がよくない日は、塗装作業は行わず、下処理作業や補修作業が

中心になります。

また、小さくて可愛いお子さんが二人いらっしゃるので においの出る作業の

前日には事前説明をして換気していただけるよう お願いしています。

 

寒いのにご協力ありがとうございます!

 

[外壁サイディングの釘頭のパテ処理・クラック補修]

img111

窯業サイディングの場合、新築時の取り付け方には大きくわけて2つ有り、

金具工法と釘留め工法があります。

大手ハウスメーカーの場合は、金具工法が多いので表面に

釘で留めている跡が 有りません。

 

しかし、その他の多くの住宅は釘留め工法が主流です。

年数が経ってくるとこの釘周辺のサイディングパネルが欠けたり

割れたりする事が良くあり、劣化が早まります。

このような場所はそのまま塗り替えても数年後に再び割れてくる

可能性が高く、弊社では補修工事として釘周りすべてに弾性パテを使用し、

塗り替え後の釘周辺の早期塗膜割れを防ぐ作業を欠かさずに行います。

(数が多いので結構時間かかるんです。)

img108

サイディングのクラック部も補修用の弾性パテで埋めていきます。

写真にはありませんが、パテを盛る前にもパテ用の下塗り(プライマー)が 必要なんですよ。