松戸市のお客様からの相談|半年前に塗った屋根塗装の手抜き調査で

松戸市のM様の屋根塗装のご相談内容

手抜きによる屋根塗装の剥がれトラブルを調査
【松戸市M様からの相談内容】
半年前に塗った屋根塗装の件で、塗装が剥がれてきている様に見えるんだが見てほしい。
とのご依頼がありました。
なぜ数ある業者の中から、まして施工した会社で対処せずに全く関係のないシャインにお声かけ頂いた理由をお伺いすると、
ホームページのQ&Aを見つけて、嫌がらずに電話相談にのってくれそうだったからとの事でした。



他社様施工の手抜き調査はインターネットからのご相談でよくご依頼頂くお問合せです。

皆さま、担当の外壁塗装店や訪問販売業者など工事を依頼した業者ではなく、弊社に相談頂く最大の理由は・・・。

工事中はとてもいい人だった担当がクレームを伝えると人が変わったように相手にしてくれなくなって、怖くて連絡するのをやめてしまうそうです。

なるほど、昔の訪問販売系の業者では当たり前だったけど、
今は塗装工事専門店を語る業者でもそうくるのか。。。
それこそもう、どこに頼んでいいかわからなくなって当然だな、と感じざるをえません。

手口としては、10年保証15年保証発行と言っといて、確かに保証書は発行されるにはされるみたいですが、
約款にバッチリ逃げられる内容が書いてあるんです。下地が悪かったら保証しない、構造上しょうがないなどなど。
確かにお客さまが、そこを証明できなければ訴訟しても勝つことは難しくなります。
だから逆手にとってそういった事をするんですね。

良心的な業者であれば、調査診断力が優れているはずなので、
ご契約前に、事前にそういったリスクがありそうな部分については説明があるものです。
下地が悪い可能性があるなら塗装しても長く持たない可能性がある旨を伝える事が当たりまえですし、
構造上そういった現象を引き起こす可能性があるなら、その旨を事前に告知してあげる事も必要です。

つまり、ほとんどの担当者はそこまでの知識もなく、とにかく塗装工事を数多く売って、
不具合が出なければOK、
出てしまったらもう知りません、
程度に考えているわけです。

仕上がりの事ばかり魅力的にプレゼンしてくる女性カラーコーディネーターなどが在籍している業者さんなどがいたとしたら、もしかしたら、
本当に自社の責任ではないと思い込んでいるかもしれません。
塗料メーカーの情報は塗料の事ばかりで、現場の塗装技術の事についてはほとんど触れませんのでそれを鵜呑みにしている業者はプロとしてちょっと心もとないです。

皆さまも、今回の事例を明日はわが身ととらえて、業者選びこそ一番大切な要素として認識頂ければと思います。

いっけんきれいに仕上がっている屋根塗装・・・

屋根塗装 棟板金の釘抜け
塗装後半年の状態なのをお忘れなく。

すまずは手始めにこれ↑
なにか気づきますか?
パッと見では絶対に気づきません。
むしろツヤツヤでつるつるに仕上がっていれば誰でもいい仕事してもらったと感じてしまいますよね。

元々は、色あせてオレンジ色に変色したコケでびっしりだったりしていたわけですから。

そうです、釘が抜けて板金に穴があいたままです。
今年来た超大型台風が松戸市に直撃していたら板金が飛んでしまったかもしれないんです。

この釘抜けをそのままにする塗装屋は本当に多い。
特に建設業に詳しくないのに過去の悪質リフォーㇺ会社を買収して参入してきた家電量販店や下請けに適当に仕事させてマージン取っている一部のホームセンターのリフォーム事業部などの仕事は結構現場管理を下請けに丸投げだったりします。
一番ひどいのは今も昔も訪問販売の下請けに入っている塗装業者です。
予算が安いから見えないところすべてと言っていいほど手を抜きます。
予算が安いと言っても工事契約金は150万円とかで十分に予算を取っているのに、業者出しになると材工で70万とかザラです。


屋根塗装 棟板金の釘抜け

屋根塗装 棟板金の釘抜け

屋根塗装 棟板金の釘抜け

上記写真を見てもらうとわかりますが、釘が抜けたまま塗装している現場がいかに多いかがわかります。
台風被害 棟板金の飛来

台風被害 棟板金の飛来

家のメンテナンスというのは塗装したら安心ではないんです。
塗装する時にどんな補修や修繕をしているかが大切なんです。

釘抜けを放置した状態できれいに屋根塗装を行っても、台風で板金が飛んでしまう家をこれまでたくさん見てきました。
最も怖いのは、飛んだ板金が、万が一近隣様に接触したら?です。
板金は鋭利な金属板です。

そうならない為にも、
業者さんがどんな提案をしてくれるのかしっかり見定めてください。

下の写真は弊社が板金交換をして塗装した状態です。
釘止め廻りはどうなってますか?
この差がわかるでしょうか?
弊社の棟包みの仕上がり
通常は木材で固定されている棟板金ですが(上記写真参照)
この写真の下地には硬質塩化ビニル製の樹脂下地が使用されています。
その他、微細な雨水も侵入させない様な工夫を凝らしているんです。

ここまでやってこそ
「きれいは仕上がりは当たり前、長く持ってこその外装リフォーム工事」
だと考える所以です。

外装周りは必ず色が褪せます。汚れます、くすみます
色が褪せたって雨水の侵入さえ防いでいれば、いつでも建物のお化粧直しさえすれば蘇るんです。
ポイントを押さえてない手抜きになる見た目だけの外装リフォームは、
見えないうちに中を悪く腐らせ、次の機会に高額な交換工事が必要になってしまうんです。

見えないところを大切にです。
コロニアルNEO 凍害

ニチハ パミール 層間剥離

ニチハ パミール 層間剥離

ちなみに上記写真は、
KMEWのコロニアルNEOだったり、ニチハのパミールだったりです。
もしこんな屋根を塗装で対処しようものなら必ず後悔しますので、屋根材の診断力は大切です。
今でこそ当たり前になっているノンアスベスト脆弱建材たちですが、
未だに知らずに屋根塗装で見積もりしてくる会社もあるので、本当に気を付けてほしいものです。

松戸市Mさまが気づいた塗装の剥がれ

松戸市 屋根塗装の剥がれ半年で
プロ中のプロの方ならお分かりかと思いますが、
前回も屋根塗装で失敗された様子がお判りですかね?

前回塗膜は下処理の洗浄不足、下塗りの塗布量不足かもしくは下塗りを完全に省略して手間を省いたかが原因です。

そして今回の塗装では、その剥がれた劣化塗膜を十分に除去しないで(おそらくは高圧洗浄のみ)2回目の塗り替え作業を始めてしまった事です。

そのためそもそも浮いていた塗膜と一緒に今回の塗膜も剥がれ始めたという経緯です。

どういうつもりで塗装してるのか、その当時の職人の考え方が手に取るようにわかります。
技術もない職人が安い予算だからこれが当たり前と言わんばかりに少しでも利益になるように早く終わらせたい一心で塗装していた感情が伝わってくるかのような仕事です。

写真を見ているだけで、この記事を作成しているだけで、
同じ塗装職人というカテゴリーに入れられてしまう現実に腹が立ちます。


釘の脳天打ち
コロニアル系のスレート屋根では
あまりやらない方がいい板金部分に対する

「釘の脳天打ち」

ですがそういう知識があるなら必ずコーキングで防水処理をしているはずです。


唐草板金 未塗装 手抜き
極めつけはこれです。

呆れます・・・。

お判りでしょうか?
屋根の先端はコロニアル系のスレート材で終わりではないはずです。
その下に内側への雨水の侵入を防ぐ、水切り材の一種でもある「軒先の唐草板金」がいます。
錆びてるじゃないですか。

やはりM様は前回も同じような業者を選ばれたんでしょう。
前回も板金部に対して錆止め処理をせずに上塗りだけ塗装している痕跡が判ります。

更に今回はもっと悪質で、全く手を付けておらず、藻がびっしり生えたままです。

もしかしたらこの業者、高圧洗浄すら省いて屋根を塗装しているかもしれません。

M様に聞いてみたらやはりそうでした。
屋根塗装だけ頼んで足場は部分的にしか掛けなかったそうです。
業者がそれで大丈夫と言って少し安く値引きしてくれたから言いなりでやってしまったそうです。

M様は前回も失敗されているので、ちょっと人が良い営業がきて、やった方がいいと言われると断れなかったみたいですね。
前回もそうだったみたいですし。
もうちょっと本質的な善し悪しの嗅覚をもたないと損ばかりしてしまいます。


さて、今回の事例はどうだったでしょうか?
これから外壁塗装や屋根メンテナンスをお考えの皆さまだからこそシャインのホームページにたどり着いたのではないでしょうか。
今回の記事を参考に、見た目だけが綺麗では意味がないという事はご理解いただけたのではないでしょうか。
今ご近所でやっている塗装工事が評判で、愛想も良く、丁寧できれいに仕上がっているからと言ってそれだけで決めてしまっては後悔する事になるかもしれません。

今は評判でも10年が経過した後でしか見えてこない本質的な事が発覚するかもしれません。
10年15年に一度の外装メンテナンスは、内装のリフォーム以上に慎重に、慎重を重ねてご決断される事をおすすめいたします。

最後に少しだけ営業させていただきます。




「ぜひ当社にもお声かけください。」






よく見られるコンテンツ

→初めての外装メンテナンスをご検討中の方はこちら