千葉県 野田市 ニチハのパミールだったので金属屋根カバー工法を施工 M様

屋根補修概要

屋根補修ビフォー・アフター

before1
180322011
vertical1
after1
180322021

千葉県野田市M様より、お家のメンテナンスのご依頼がありました。

数年前にM様のご両親のお住まいをシャインで施工させていただき、今回お家のメンテナンスを検討していたM様にご紹介していただきました。

千葉県野田市のM様邸の屋根は、ニチハのパミールという屋根材で施工されており、劣化でボロボロと崩れてしまっている状態でした。

パミールというのは、外装リフォーム専門業界ではもはや常識と言っていいほど「塗装してももたない屋根材」で有名ですが、専門知識の薄い総合リフォーム会社や屋根を点検しないで見積もりを作るような営業会社は気がつかずに塗装してしまうことがあります。

後々で問題になってくると思いますが、常識からして崩れてしまっている屋根では、塗装で対処しきれない事は明白なため、シャインではカバー工法もしくは葺き替えを必須として、屋根にメーカー保証最大30年を保証させて頂いております。

M様邸では外壁の補修と塗装工事もさせていただきました。

外壁補修の詳細はコチラ!

「千葉県 野田市 M様邸 外壁の凍害補修と塗り替え」

施工範囲と保証期間

施工範囲
棟・ケラバ板金・雪止め撤去
シーリング処理
防水型全面粘着型ルーフィング貼り
屋根材本体取付工事
平板スレート回収用スターター取付工事
棟カバー取付工事
棟用下地Ⅰ型取り付け工事
隅棟カバー取付工事
隅棟用捨板
換気棟カバー取付工事
リッヂベンツ182取付工事
改修用ケラバカバー取付工事
本谷取付工事
改修用壁際水切り取付工事
改修用流用壁捨板
トップライト(天窓)・谷取り合い部等防水工事

【使用材料】
石付きガルバリウム鋼板
D'Sルーフィング ディプロマットスター

【色】
カフェ
項目 工事内容 保証年数
屋根改修 カバー工法 石付きガルバリウム鋼板 D'Sルーフィング ディプロマットスター 30年

屋根リフォームの施工内容

180322031
180322041

屋根に登ってお調べしたところ、屋根材がボロボロと崩れてしまっていました。

パミールの屋根は、抄造法といって一枚一枚重ね合わせて圧縮して水分を抜いていく製造方法で、作られた屋根です。そのため、経年とともに屋根材がミルフィーユのように層間剥離してしまいます。

パミールの屋根はいくら塗装しても、ボロボロと剥がれてきてしまいますので、塗装では対処できません。

180322051
180322061

今までの屋根に設置されていた板金とそれを固定していた貫板(芯木)を撤去します。

設置されていた雪止めも撤去します。撤去と同時に清掃も進めていきます。

次に、雨漏り防止のために下地に透湿防水シートを貼っていきます。万が一、雨水が侵入してきても家屋内部、特に木材部分に浸透していくのを防いでくれます。

180322071
180322081

下地の透湿防水シートを敷いた後は、新しい屋根材を葺いていきます。

今回はディートレーディングというメーカーのガルバリウム鋼板「D'Sルーフィング ディプロマットスター」を使用しました。ディプロマットスターは、セラミックコーティングされた自然石粒を表面に用いてるので、温かみのあるおしゃれな屋根に仕上がります。

新しい屋根材は、屋根の形に添ってきれいにカットして葺いていきます。

180322091
1803220101

メインの大屋根はもちろん、玄関上の屋根も同じように葺き替えていきます。

1803220111
180322013

屋根材を葺いたあとは、棟カバーを設置していきます。棟カバーは、メーカー指定のステンレス釘を使用し、横から留め付けていきます。

釘頭にコーキングを盛り付ける事により、経年による抜けの防止や微細な雨水の侵入を防ぐ役割をしてくれます。コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと繋ぎ目や釘頭にコーキング処理を行いました。

新築時にも良心的な屋根屋さんはこの釘頭へのコーキングを行っていることが有りますが 、建売住宅などではほとんどやってくれていません。

大手ハウスメーカーさんの屋根を見ると、釘頭にもコーキングもしくはゴムパッキンが施されていることが増えてきましたので、弊社ではコーキングも標準の工程としております。

180322015

施工前は屋根にアンテナがありました。ですが、新しく設置する屋根材は金属でできているので、せっかくカバー工法をしても屋根の上にあるアンテナの架台が錆びてしまうと、そこから屋根に錆が広がってきて屋根が傷んでしまいます。

アンテナに錆止めを塗っても、錆止めは屋根のように30~40年も持ちません。このような場合、シャインではアンテナを外壁に付け替えることをおすすめしています。お金がかかってしまいますが、大事なことなのできちんと説明させていただいております。

完成

180322014

アクセントとして用いられている、外壁のレンガ調の部分と色味も合いおしゃれな屋根に仕上がりました。

おしゃれなだけでなく雨漏りの心配がない、この先何十年と安心して暮らせる屋根になりました。

お客様にはイメージ通りの家になったと喜んでいただけました。ありがとうございました!