カバー工法による屋根リフォームとは?


屋根のリフォームは、さまざまな工法が考えられています。

カバー工法は既存の屋根材料をそのまま残して、その上に防水シートを敷き、さらに、新しい屋根材を葺く工法です。

カバー工法には利点と欠点があり、工法の選択には総合的な判断が必要になります。

利点としては、古い瓦の解体や処分が不要となり、解体費や処分費用が発生しないことが挙げられます。

古い瓦の解体や処分が不要なため後期が短いということも利点の一つです。

古い瓦を解体し、下地の補修を行うためにはかなりの工期を必要としますが、それが不要となることは費用の節約にも繋がります。

一方、欠点として耐震性能に不安が残ることがあげられます。

屋根材を重ねているわけですから、地震時に建物にかかる荷重は建物の重さと比例して大きくなってしまいます。

屋根が瓦の場合はかなりの重量なので、リフォームにより瓦が撤去されない場合は、建物にとって耐震的に不利に働きます。

また、将来雨漏りが発生した時に、原因の特定が難しくなるのも欠点といえます。

利点と欠点を参考にして、カバー工法も選択肢の一つとして考えてみてくださいね。



--------------------------------------------------------------

千葉県我孫子市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------