屋根の種類によって劣化の仕方が違う?

屋根の種類によって劣化の仕方が違う?柏・松戸市の外壁塗装ならシャインにおまかせください。


家屋の屋根は、日々雨風や紫外線にさらされていますので、年月の経過とともに劣化は避けられないことは皆さんよくご存知だと思います。

しかし、屋根の種類によって劣化の仕方が違うことはご存知でしょうか。

まず、屋根材は屋根材の中でも色あせとコケが発生しやすい素材になっています。

また、瓦の割れなども見られるようになります。

セメント系瓦は割れやズレ、瓦の塗膜がはがれたり劣化したりします。

最後に、トタン屋根は塗膜が劣化したり、トタンの色あせやサビが発生してきます。

サビがひどくなると、穴が開いて雨漏りになることもあります。

このように一口に屋根の劣化と言いましても、使用している材質によって症状は様々であり、何年たったからそろそろ塗装のし直し、とも一概に言えないことがほとんどです。

屋根材の特徴に合わせた劣化対策、修繕を行う必要があります。

また屋根の傷みが激しかったり変形している場合には、塗装できない事もあります。

この場合、当社では葺き替えリフォームをお勧めしています。

塗装なのかリフォームなのか、お悩みの方は一度当社にご相談ください。


--------------------------------------------------------------

千葉県我孫子市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------