アクリル系塗料


今回は「アクリル塗料」についてです。

 

アクリル塗料、正確には「アクリル樹脂塗料」とは当たり前ですが、アクリル系合成樹脂を主成分とする塗料全般を指します。

 

以前登場したばかりの頃は、価格の安さと発色の良さなどで人気がありましたが、現在では塗り替え用として使われる例は少なってきています。

 

この一番の大きな理由は、屋外の環境での耐久性に乏しい事が挙げられます。

 

 

特徴は、「絵の具」のように使えるという事。

 

発色が良く重ね塗りに優れているだけなく、高温でも変色しにくく、独特のツヤと滑らかさを持つからです。

 

その為、外壁にはあまり向いていないかもしれませんが、室内の壁や軒天井には適しているといえるでしょう。

 

 

デメリットは、耐久性が6~8年程度と短く、メンテナンスを頻繁に行わなければならない事です。

 

さらに、浸透性が高い事や塗膜にひび割れができやすいという性質もあります。

 

 

塗料にはそれぞれの種類によってそれぞれのメリット、デメリットをもっています。

 

1つだけの側面を見るのではなく、多くの要因を総合して選んでみて下さい。

 
今回は「アクリル塗料」についてです。

 

アクリル塗料、正確には「アクリル樹脂塗料」とは当たり前ですが、アクリル系合成樹脂を主成分とする塗料全般を指します。

 

以前登場したばかりの頃は、価格の安さと発色の良さなどで人気がありましたが、現在では塗り替え用として使われる例は少なってきています。

 

この一番の大きな理由は、屋外の環境での耐久性に乏しい事が挙げられます。

 

 

特徴は、「絵の具」のように使えるという事。

 

発色が良く重ね塗りに優れているだけなく、高温でも変色しにくく、独特のツヤと滑らかさを持つからです。

 

その為、外壁にはあまり向いていないかもしれませんが、室内の壁や軒天井には適しているといえるでしょう。

 

 

デメリットは、耐久性が6~8年程度と短く、メンテナンスを頻繁に行わなければならない事です。

 

さらに、浸透性が高い事や塗膜にひび割れができやすいという性質もあります。

 

 

塗料にはそれぞれの種類によってそれぞれのメリット、デメリットをもっています。

 

1つだけの側面を見るのではなく、多くの要因を総合して選んでみて下さい。

 
--------------------------------------------------------------

千葉県千葉市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。
--------------------------------------------------------------