塗り替えか葺き替えどっちをすべき?


屋根を修理する時に迷うのが、塗り替えにするか葺き替えにするかという事です。

屋根は紫外線や雨が直接あたる部分ですし、大気中の汚染物質にもさらされている部分なので、時間がたつと共に劣化が進みます。

屋根は普段は見上げないと状態を確認する事が出来ないので、気付いた時には、劣化が進んでいたという事が少なくありません。


屋根の塗替えと葺き替えにはそれぞれメリットがあります。

まず、塗り替えは工期が短いのでコストを抑える事が出来ます。
そして、耐用年数は葺き替えのほうが長いというメリットがあります。

一般的に色褪せ程度なら塗り替えのほうをおすすめします。

色褪せであれば、まださほど劣化が進んでいませんので、屋根自体の強度もありますし耐久性も残っています。

しかし複数の箇所が雨漏りしていれば葺き替えする事をおすすめします。

雨漏りは家の内部にまで湿気を溜めたり、建築資材を傷めてしまうなど、大掛かりな補修が必要になる事があります。
そこで雨漏りがひどくなる前に、葺き替えする事で、二次被害を防ぐ事が出来るのです。

自分では、なかなか判断出来ない事もあると思いますので、
屋根の状態を定期的に業者にチェックしてもらう事も大切です。

--------------------------------------------------------------

千葉県千葉市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------