シックハウス症候群


家を建てると、よく問題になるのが「シックハウス症候群」ですよね。

 

もちろん、外壁を塗り直したときもなる可能性はあります。

 

最近の塗料は、匂いが弱い水溶塗料が使われたり、油性塗料でも匂いがきつくないものが使われるようになってきました。

 

でも「におい」がしないからって油断してはいけません。

 

先ほどもいったように、外壁塗装だけでもシックハウス症候群になる可能性は低いとはいえ、十分にあるのです。

 

油性塗料の中には、シックハウス症候群になる物質が含まれています。

 

塗装したばかりの壁の前に長時間いることは避けましょう。

 

 

油性塗料を細かく分けると弱溶剤塗料と強溶剤塗料とに分けられます。

 

強溶剤塗料は、「ラッカーシンナー」で希釈するものです。

 

健康のことを考えるのであれば、弱溶剤のほうがよいでしょう。

 

 

外壁溶剤の中に含まれている「VOC」というものもシックハウス症候群をひき起こす原因のひとつと考えられてきました。

 

近年では、「低VOC」と表示された溶剤もあるようなので、気になる方はそちらを選んでみてもいいかもしれません。

 

また、シックハウス症候群での原因で有名なホルムアルデヒドの放散速度や放散量なども入れ物に表座されているようです。



--------------------------------------------------------------

千葉県船橋市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------