外壁にALCパネルを使用するメリット


外壁に使用することが出来るのは塗料の他にも、外壁材があることを忘れてはいませんか。
見た目は軽石のようでコンクリートとは思えないほど、軽い板状の外壁材で高熱高圧養生処理として作られています。

外壁にALCパネルを使用するメリットは、優れた防火性をもつため、火災の際にも安心することが出来るところです。

ALCパネルはさまざまな建物に使用されていて、品質と信頼の高さがあります。
強度もあるため、建築物に求められる数多くの性能を高いレベルで満たすことが出来ます。
床下地や間仕切り壁、屋根裏の下地など様々な部位に使用することが可能となっています。

海外で開発されたものになりますが、軽量であるため、震災の際にも安心です。
日本は、災害や震災が多い国の為、揺れに強い必要があります。
また、断熱性があるため、冷暖房効率が上昇することも人気の一つになっています。
電気機器を使用しないことで、節電にも繋がります。

デザイン性に優れた種類豊富の中から選ぶことも出来て、水分等の侵入防止のためのシーリング材を充填してあることで建物も長持ちします。

パネルの種類によって使い分けてみましょう。


--------------------------------------------------------------

千葉県船橋市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------