塗料の分類


塗装のために使われる塗料には、たくさんの種類がありますよね。

だから、何を基準で選んだら良いかわからないって事も、よくあるのではないでしょうか。

 

こんなにも多種多様の塗料が生まれた理由は、さまざまあるようです。

 

しかし、よく言われるのが『用途が多角化しており、それぞれに合わせた塗料が必要とされるから』だそうです。

 

溶液はまず、以下のように10個の区分に分けられます。

 

溶液の状態(形態)

溶剤

塗膜形成

乾燥・硬化

樹脂

工程

被塗物(用途部位)

塗装方法

塗膜の外観

機能性別(塗膜の性能)

 

そしてここから、さらに細かく細かく分かれて行くのです。

 

ちなみに溶剤は、結合財、溶剤、添加剤、顔料を主成分としています。

 

これらの割合の配合を変えることによって、様々に分かれていくのです。

 

 

また目的別に、防止を目的とする塗料・塗装方法による塗装・塗膜性能による分類・仕上がり形状による塗装というようにも分けられます。

 

そしてここから、防火塗装をはじめ、静電塗装用、放射線汚染用、タイル上仕上げなどここでも細かく分かれて行きます。

 

大変かもしれませんが、後に後悔しない為によく吟味してみてください。


--------------------------------------------------------------

千葉県市川市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。
--------------------------------------------------------------