遮熱と断熱の違い

夏季になると遮熱という言葉を良く聞きますが、遮熱と断熱は混同されやすいが効果や性能が異なるので、注意が必要です。


遮熱は、太陽による日射を吸収しないようにすることを指します。
太陽光による輻射熱を抑える素材を使うと熱を吸収しないので、太陽光が当たりやすい屋根や外壁に使用すると節電効果が見込まれます。


しかし、遮熱は夏場に効果的なものであると言えるものの、冬場では太陽光を反射してしまい熱を集めることができないので、冷たい外気をそのまま室内へ取り込むことになります。
そのため、あまり冬場にとっては効果はありません。



一方、断熱は何を指すのかというと伝導、対流、放射による熱移動を防ぐ事です。
温度の高い物と低い物がそばにある場合、温度の低い方へと熱が移動し、同じ温度になろうとするので、それを防ぐものと考えると分かりやすいでしょう。


つまり、遮熱性と断熱性の高い素材を屋根や壁、天井、床などの至るところに使用することによって、夏場でも冬場でも室内の温度を保つことができ、年間の冷暖房費を節約することができます。


--------------------------------------------------------------

千葉県市川市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------