屋根リフォームを行う前に


屋根のリフォームを行う場合は、地面から屋根までの間に足場を組むのが一般的です。

一度足場を組むのであれば、この足場を有効に活用する方法を考えてみませんか?

足場を組むにはそれだけの時間と、作業員が必要になります。

ですので、足場を組むような工事をする時は、目的の箇所以外の工事も一緒にしてもらいましょう。

屋根と雨どいは10年おきに点検が必要で、屋根のリフォームのついでに雨どいの点検をしてもらうのも良いでしょう。

さらに、外壁も定期的なメンテナンスが必要で、足場を組んでいる間に、高い部分の外壁の点検もしておくと、改めて外壁の点検や補修を依頼する手間が省けますよ。

さらに、軒廻りの点検も忘れられません。

軒は水切などの金物が設置され、軒の裏側には天井材が張ってあります。

この部分も住宅の中では痛みやすい箇所なので、屋根のリフォームと合わせて点検し、補修が必要な場合は同時に工事をしてしまうと、後々の面倒がなくなります。

地面から屋根の高さまで足場を組むことは大変手間がかかり、屋根のリフォーム費用の中でも少なからぬ割合の費用がかかるところです。

足場を組んである間に、できることはやっておいた方がお得です。



--------------------------------------------------------------

千葉県印西市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------