カバー工法のメリットとデメリット

外壁塗装には、カバー工法という方法があります。

廃材が出ないので環境にも優しく、屋根が二重になる事と同じですので、断熱効果が高くなります。

夏の暑さや冬の寒さが、この工法によって、緩和されるようになるため、メリットとなります。

カバー工法のデメリットも理解しておきます。

カバー工法は、既存の屋根材に新しい屋根材を敷く工法となります。

したがって、屋根全体が重くなるので、地震の際には、揺れの影響を受けやすくなります。

また、二重構造の屋根となるため、雨漏りなどがおきた時に、劣化箇所を見つけにくいデメリットもあります。

簡単に修理が出来るところを、悪い部分が見つけにくいため、修理をしきれないになります。

そういった状態にしておくと、ますます屋根や家全体を傷めるになります。

カバー工法は工事期間も短く、簡単に済むため、費用も安くなります。

しかし、デメリットもあるを理解し、信頼出来る塗装業者の人達と、よく相談をするが大切なとなります。

外壁は家の構造上、大切なところですので、実績のある専門業者を選ぶ事が大切です。


--------------------------------------------------------------

千葉県鎌ケ谷市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------