塗料の成分にも種類があることをご存知でしょうか?


住宅の外壁や屋根など、あらゆる場所に塗料を用いる事があります。

外壁塗装などはリフォームとして欠かせないものであり、多くの方が利用する施工内容となっています。
しかしその際に用いる塗料に関しては、成分にも種類があることはご存知ですか?

そこまでご存知の方は少ないのではないでしょうか?

塗料を構成している成分の中には、顔料と呼ばれるものがあります。

顔料は一般的には、塗料のカラーを決定する着色剤が該当します。

実際に塗料の色に合わせて様々な顔料が用いられています。

また樹脂も、成分の中に含まれているものの一つです。

樹脂は塗料の性能を決めるための重要な成分として用いられます。
アクリル系やウレタン系、シリコン系などでは異なる樹脂が使われているんですよ。

添加剤という成分もあり、これは塗料に付随させる効果を持っています。
具体例としては乳化剤や防腐剤、乾燥剤や艶消し剤などが該当しています。

溶剤という項目もあります。

溶剤に関しては油性であればシンナーが該当しており、水性ならば水が該当している事になり、一般的には希釈用といて用いられている成分になります。


千葉県鎌ケ谷市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。