水性塗料と油性塗料の違い

屋根や外壁の塗装に使われる塗料には、水性塗料と油性塗料がありますが、どのように違うのでしょうか。


水性塗料は、塗料の主な成分が水であるのに対して、油性塗料はシンナーなどの有機溶剤が主成分になっています。
塗装する場所にもよりますが、一般的に油性の方が密着性、耐久性に優れている、言われています。


しかしこれも塗る塗料の種類(アクリル・シリコンなど)によって異なってきますし、最近では水性の性能が向上してきていることもあって、高性能の水性塗料を選べば、耐久性の面でも油性塗料とほとんど差はありません。


また、水性は無臭、油性は臭いがきついという違いがあり、工事の際近隣のお宅への匂いの被害を気にされる方は、水性塗料の方が良いかもしれません。


そして、費用の面では、油性の方が工費や人件費がかかる事が多いです。


このようにどちらの塗料にもメリットとデメリットがあり、一概にどちらの塗料の方が良いとは言い切れません。
塗装する場所や素材、工事にかけられる予算や時間などに合わせて、業者と相談しながら決められる事をおすすめします。


--------------------------------------------------------------

千葉県鎌ケ谷市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------