雨漏りしている状態を放置する危険性

雨漏りといっても程度があるもので、
床が水浸しになってしまうような酷いものから天井が滲む程度のものまで、と様々です。

しかし、どのような雨漏りに対してもいえることは、
雨漏りをしているのに放っておいたら大変ということです。

雨漏りは雨が降っているときにしか起きませんから、
滲む程度であればひとまずそのままにして様子見をするという人も多いのですが、
雨漏りが起こることで水が家の中に入り込むだけでなく、
実は家の内部の断熱材にも入り込んでしまいます。

内断熱型の断熱材はいったん濡れるとなかなか乾かないので、
その状態が続くと柱や間柱が腐ってくることになり、
結果として建物としての土台が腐ってしまうことになります。

このような状態になってしまうと当然家の寿命も縮まってしまうことになり、
修繕にもかなりの費用がかかってしまうこととなります。

ですので、
雨漏りを発見した際にはそのまま放置をすることなくまずは専門の業者などにすぐに相談をすることが大切なことになります。


--------------------------------------------------------------

千葉県鎌ケ谷市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。
https://shine-paint.com/

--------------------------------------------------------------