クラックとは


築年数が10年以上経過した住宅では、外壁にも様々な問題があります。
特に問題になりやすいのがクラックです。
クラックとは外壁に生じるひび割れや亀裂の事を指します。
このクラックには大きく分けて2つ種類があり、一つは構造的に発生する構造クラック、もう一つはひび割れの小さいヘアークラックです。

クラックで問題なのは放置しても元に戻る事はなく、良くて現状維持をするしかありません。

クラックが生じてしまうと、その隙間から雨風が侵入してしまいます。
建物の壁の内部に侵入すると、壁内の断熱材にカビが生えたり躯体にカビが生えたり腐ったりする事があります。
また、たまに新聞などで取り上げられている白アリ被害もクラックが原因で起こる事が考えられます。
そうなれば、出来るだけクラックを早い段階で直す必要がありますよね。

クラックを直すのであれば、ついでに外壁塗装も一気にやってしまった方が2回に分けて行うよりも金銭的な負担が少なくなります。
外壁塗装をする前には通常クラックを埋めてから行います。
そうしないと、外壁塗装をしてもまたすぐに外壁が劣化してしまう恐れがあるからです。


--------------------------------------------------------------

千葉県柏市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------