外壁のシミやカビの原因


外壁は紫外線や雨に直接さらされる部分ですから、家の中でも劣化しやすい部分の1つです。

新築のときは、外壁には塗料が塗られ、塗膜で汚れや雨などの湿気が内側に入り込まないように守られています。
しかし経年劣化による腐食により塗膜が剥がれると、ひび割れなどの症状を起こしやすくなります。
ひび割れた間から、雨水や空気中の水分が入り込み、結露によって壁の内部に水分が溜まることがあります。
そうなるとカビがはえやすくなります。

さらに家が湿ってしまうと、建築資材を傷めてしまいます。
木造建築は腐食が進み、鉄筋資材は錆を発生させて、家の強度を低なることもあります。
耐震性も低くなり、小さな地震でも倒壊する恐れがありますから、腐食が進むと最悪、建て替えの可能性も視野に入れる必要あります。
そうなると経済的にも大きな負担がかかりますから、外壁が劣化する前にメンテナンスをするようにしましょう。
劣化する前、もしくは劣化を見つけてすぐに対処をすれば、少しの修繕で済ませられます。

外壁工事なら当社におまかせくださいませ。

------------------------------------------------------------

千葉県 松戸市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------C