素地調整について


素地調整とは、塗装を行う前に、素地面を最適な状態にする工程のことを言います。

「素地」とは、これから塗装を行う素材の面のことで、コンクリート・木材・鉄・アルミニウムなどの種類があります。

素地が良い状態になっているか否かが、塗装の仕上がりや塗膜寿命に影響を及ぼします。

素地の材質によって調整方法は異ってきます。

木質系の場合は、表面に付着しているゴミやホコリ・汚れなどを、サンドペーパーやブラシ・機械を用いて研磨して落とします。

また、ヤニやカビなども丁寧に取り除いて、充分に乾燥させます。

金属系の場合は、特にサビ落としが重要になります。

また、表面に付着している防サビ油や潤滑油も、一度丁寧に落とします。

金属は、表面がツルツルの場合、塗料がきれいになじまないため、軽く傷をつける「目粗し」と呼ばれる作業も行います。

外壁や屋根など外部の場合は、表面がとても汚れているため、高圧洗浄機を用いて水洗いを行います。

素地調整が施されなければ、表面が汚く見えたり、塗料の下にゴミを閉じ込める事になるので良くないですよね。

業者に塗装を依頼するときは、作業工程に素地調整が入っているか確認するようにしましょう。


--------------------------------------------------------------

千葉県松戸市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------