親水性の塗料とは

外壁などの塗装に用いられる塗料の種類は大きく分けて、親水性の物と撥水性の物とに分類する事が出来ます。

親水性とは水に対して溶けやすい、あるいは水に混ざりやすいという性質のを指します。

一方で、水に対して溶けにくい、混ざりにくい性質のを撥水性と言います。

つまり、親水性の反対は撥水性というになります。

外壁などの塗装に用いられている塗料のを考える場合、この親水性と撥水性という性質が大きなポイントとなってきます。

親水性の塗料を用いた場合、親水性は水が落ちると広がるという性質を持っているので、雨が降って外壁などの塗装面が水に濡れた際には水が塗装面の表面を薄く広がるになります。

そのため、外壁が親水性だと、汚れを一緒に落としてくれるという効果を期待出来ます。

つまり、外壁などの表面の汚れを雨によって洗い流す事が出来、常に外壁の表面を綺麗な状態に保つ出来るのです。

それに対して撥水性の場合、水が落ちると弾くという性質を持っているので、雨が降った場合であっても水分だけが流れ落ち、肝心の汚れはそのまま残ってしまうになるのです。


--------------------------------------------------------------

千葉県流山市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------