外断熱であるデメリットとは


住宅に対する断熱を施す方法の中には、外断熱という工法があります。

注目されている内容になり、構造体を覆う形で施工するので非常に高い気密性を保つ事が出来るでしょう。

一方、デメリットもいくつかの点を挙げる事が出来、その中には工事費の高さがあります。

内断熱の場合では比較的低価格で販売されている素材を用いる事が出来ますが、外断熱の場合では特殊な断熱材で全てを包み込むために、工事費は高めに推移している事が実情です。

また、建物に対して外側に施工する方法になる事から、外壁が厚くなるというデメリットもあります。

住宅環境によっては、後から施工する事がスペース的に難しい一面があります。

施工方法に関して、コンクリートなどの構造物の外側に断熱材を入れて、その上に外壁材を設置する方法なので、地震時の対策をしっかりと行う必要が出てくる事もデメリットになります。

施工後に関しては高気密高断熱の住宅に変える事が出来ますが、断熱性能が高い故に室内の換気をしっかりと行う必要が出てくるので、何かしらの対策を考えなければならないデメリットもあるでしょう。


千葉県習志野市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。