外壁塗装交換のサイン!チョーキング現象について


チョーキング現象は外壁を触った時に、手に白い粉がつく現象の事で外壁の劣化を示すサインとなっています。

そのままにしておくと、ヒビやカビの原因となってしまうので見つけたら迅速な対応をするようにしましょう。

外壁塗装は一般の方にとっては、建物の見栄えのためにあると考えがちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そのため、見た感じ劣化をしていないようであればそのままにしておいてもいいのではないかと思ってしまいますよね。
しかし放っておけば外壁がどんどん劣化をしてしまいます。


塗装の塗り直しは比較的簡単な修繕工事ですが、外壁自体が劣化して使用に適さなくなってしまうと、最悪立て直しの必要が出てきてしまう可能性もあり、本来の何倍もの費用がかかることもあります。

外壁塗装工事にはお金がかかるので、見た目を気にしなければそのままでもと考えていると逆に大きな出費につながってしまうおそれがあるのです。

早め早めに対処をしておけば、いつまでも建物の状態を良好に保つ事が出来るので、チョーキング現象に気づいたらすぐに業者に相談しましょう。


千葉県
野田市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。