外壁のセルフチェックポイント

外壁は建物の中でもベースとなる部分だけに、
日頃からしっかりと状態をチェックして定期的なメンテナンスを行うことが重要です。

外壁の状態を確認する時には外壁を保護している、
外壁塗装の状態を確認することになりますが、
普通の人でもわかる簡単な状態の判断方法を今回は紹介致します。

簡単に判断できる劣化現象の一つとして、「チョーキング現象」と呼ばれるものがあります。

これは外壁塗装を手で触ってみて白い粉が付着した場合、
塗装の劣化のサインとなりますので、
塗りなおしを考える時期にきていると判断することができます。

また、「クラック」といったひび割れは直接目で見てわかる劣化のひとつです。

そのクラックが原因となって雨漏りが発生することもありますので、
早急に業者に相談して塗りなおしをすることが大切です。

また、
建物の北側の壁にコケが生えているのを見かけた場合、
それも劣化のサインのひとつとなりますので、
外壁塗装をしなおすことを検討してみると良いでしょう。

外壁塗装は建物の保護に重要な役割を持っているので、

劣化の兆候がある時には早めの対策が重要です。


--------------------------------------------------------------

千葉県白井市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。
https://shine-paint.com/

--------------------------------------------------------------