足場にも種類があるの?

外壁塗装などの工事を行う際には、足場を組む事が必要不可欠なケースがほとんどです。

足場は作業員の安全を守るという点でも、とても大切な役割を果たします。

しかし、一般の方にとって、足場と聞いてもその種類を連想出来る方は少ないと思います。

実は足場にも様々な種類があります。

そこで今回は、足場の種類ごとの特徴などについて掘り下げていきたいと思います。


単管足場と呼ばれる足場は、パイプを2本組み合わせるだけの一番シンプルなタイプです。

組み立てが簡単な分足場組みにかかる費用は安く済みますが、効率の面から、最近はあまり使用されなくなってきました。


くさび式足場はしっかりとパイプにボルトを固定するタイプの足場です。

安全面に優れており、作業員が安心して外壁塗装などの工事に集中する出来ます。


また、吊り足場は足場板を鉄パイプやチェーンなどで吊り下げて利用する足場です。

高架橋のような特殊な構造に対応するために使用されるの多い足場です。

このように足場は、その種類ごとにそれぞれにメリットとデメリットがあります。

費用の面でも違いもありますので、外壁塗装を検討中の方はこの機会に足場について考えてみてはいかがでしょうか。



--------------------------------------------------------------

千葉県白井市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------