内断熱であるデメリットとは


前回は内断熱のメリットについてご説明いたしましたので、今回は内断熱のデメリットについてご説明いたします。

断熱には外壁部分に断熱材を使用する外断熱と、内装の柱などの間に断熱材を使用する内断熱という方法があります。

内断熱は、外断熱より工事費が安く、施工が簡単だというメリットがありますが、いくつかデメリットもあります。

デメリットの1つが、悪い施工の場合は結露が起きやすいという事があります。

作業員の腕によって工事の質に差異が生まれるので、信頼出来る業者に依頼する必要があります。

断熱材と防湿層の間があると結露が起きてしまい、建築資材を傷めたり、健康被害の原因にもつながる恐れがあります。

また、断熱材の設置は比較的簡単な作業ですが、細かい施工が必要な部分では断熱効果が発揮されない事もあります。

断熱材の効果は、コンクリート造と木造で差がある事も考える必要がありますし、断熱方法での差も生まれるので、家の建築素材に合った断熱法を選ぶ必要があります。

日がよく当たる場所は温度変化を受けやすいので、熱損失が出やすく、室内温度を適正にするためには、断熱材を広範囲に使用するなどの工夫が必要になります。

また、断熱材を使用する時は、十分な換気が出来る環境を作る必要があります。


千葉県浦安市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。