縁切り作業をご存知ですか?

屋根塗装の際に、重要な作業の一つが縁切り作業です。

これは塗装によって塞がってしまった穴をあけていく作業で、この作業をして置かなければ、屋根は腐食しやすい状態になってしまいます。

現在、主流となっているスレート屋根は、その表面に薄い板を貼って仕上げています。

この板の表面に塗装をしていく事になるのですが、塗装をすると、板と板の間の隙間も塗料によって埋まってしまう事になります。

この薄い板を貼った屋根は、板の隙間から雨水を下へと流していく構造になっています。

ですから、塗料で板と板の間を埋め、穴が無ければ、水の逃げ道が無くなり、板の内側に雨水が溜まりやすくなってしまいます。


そして、雨水が外に出にくい状態になると、屋根自体が腐食しやすくなっていきます。

そんな縁切り作業には、板の間に差し込んでいくタスペーサーを使う事がお勧めです。

タスペーサーを使うと確実に縁切りが出来ます。

屋根の板に隙間を作っていくのは手間のかかる作業ですが、この作業をしっかりとしておく事で、屋根が腐食しにくい状態を作っていく事が出来ます。