塗料における水性と油性の違いとは?


塗装の際に使う塗料には様々な種類があるのをご存知ですか?

外壁や屋根を塗装するときに使う塗料には、アクリルやウレタン、シリコンなど様々な素材で作られている塗料がありますが、それぞれに水性と油性があります。

水性塗料は水が主成分になっているため臭気が少ないのが特徴です。

油性塗料はシンナーなどの有機溶剤が主成分になっているため独特の鼻にツンとくる臭いがあります。

鼻が敏感な方が油性塗料を使って塗装する場合は、家の中の換気口なども養生作業でしっかり塞いでもらう必要があります。

また塗料を使用した後も、水性塗料は特別な注意をする必要がなく安心して保管できるのですが、油性塗料は直射日光の当たる場所や高温になるところを防ぐなどの注意が必要になります。

水性塗料は臭気が少ないので使い勝手が良いことの他にも、値段が安いというメリットがあります。

油性塗料は水性塗料に比べると費用が上がりますが、密着度が高いという特徴があります。

外壁との密着度が高いため、雨水や汚れなどにも強く耐久性に優れているため、長い期間、美しい美観を保つことができます。

あなたの希望にあった塗料を見つけてください。


--------------------------------------------------------------

千葉県浦安市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------