光触媒塗料ってなに?


光触媒塗料をご存知でしょうか?

光触媒の原理は日本人研究者が発見し、日本の衛生機器メーカーが塗料の開発に貢献しました。
塗料の中で白色塗料の原料である酸化チタンは光に当たると活性酸素を生成しますが、活性酸素は壁の汚れの原因となる有機物を分解する働きがあり、この事を光触媒といいます。

酸化チタンは水と溶け合う事で、壁の表面に付く汚れを有効に分解するという作用もあります。
酸化チタンを含んだ塗料は紫外線によって塗膜表面に付着する汚れを分解し、浸水化された塗膜に雨水が降り注ぐ事により汚れを洗い流す働きをします。
すなわち自然の日の光と雨水により汚れにくい壁を作る事が出来るのです。

また、光触媒塗料は塗料の中でも長く性能を維持する事で知られ、約20年の間性能を維持する事が出来ます。
光触媒塗料は一般の塗料と比べて割高ですが十分な見返りがある塗料と言えますね。

光触媒塗料は通常の塗料と比べると施工が難しく、使用経験があり腕の良い職人のいる塗装業者に依頼する必要があります。
業者の腕を知るためにはどうすれば良いのかということも考えながら、業者選びをしたいですね。



--------------------------------------------------------------

千葉県八千代市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------