松戸市栄町I様 お客様の声 ジョリパットの外壁をインディフレッシュセラで塗り替え

お客様からの声

松戸市I様邸 お客様の声

弊社及び今回の使用材料に決めた理由

打ち合わせ当初より、素人の私たちにもわかりやすく、丁寧に説明をしていただいたので、安心してお願いすることができました。


工事中の感想

留守中の工事についても日報を書いてくださるので、当日の作業内容も把握することが出来ました。

作業にあたっていた職人さんも礼儀正しく、笑顔で挨拶してくれたことは、留守中の安心にも繋がりました


工事を終えての感想

当初の説明通りの作業内容と仕上がりの工程を順を追ってCDロムに焼いてくれたので、作業全体をしっかり把握することが出来ました。結果として大変満足しているのでシャインさんにお任せして良かったと思います。

他の方にも自信を持ってシャインさんを紹介したいと思います。

松戸市のI様邸の外壁はジョリパットで左官仕上げになっており、屋根はコロニアル系でした。

お問合せ当初は、外壁塗装と屋根塗装の組み合わせをご提案させて頂こうと思っておりましたが、屋根診断時に屋根に上がるとノンアスべストタイプのコロニアル材が使用されていました。

ノンアスべストの建材は、10年ほど前にアスベスト問題で騒がれて以降、アスベストを含有させない法案となり従来の製品が改良されて販売されました。しかし、アスベストはそもそも材質の耐久性(強度)を高めるために使用されていた部分もあり、それを抜いたのですから当然コロニアル等も強度が低くなり割れやすい製品となるのは当然です。

そういった製品群がちょうど今時期に塗り替えのタイミングを迎えており、当然割れが多い建材に補修をして塗装を行っても他の部分から割れが発生してくるため、屋根塗装ではなく長期的な目線でガルバリウム鋼板のスーパーガルテクトをお勧めさせて頂きました。